ノート製造メーカーはインテルNehalemの出荷「延期」が希望

ノート製造メーカーはインテルNehalemの出荷「延期」が希望 1

世紀末的不景気が、こんなところにも時空連続体に歪みを生んでるようです。

インテルは今年7月か8月に狂ったように高速なNehalemがベースのモバイルCPUとチップセットの出荷を予定しています。

が、台湾ノートブック製造メーカーの情報源によると、メーカーさんの中には「登場が遅れたらいい」と言ってる人もいるそうです。別の言葉に置き換えると、ノートは「ゆっくり長いスパン」でモデルチェンジが希望ということでしょうか。

理由は在庫です。昨夏登場「Montevina」(正式名称「Centrino 2Core i7」)は夏じゃなく10月まで伸ばしてもらえないか、と。

Nehalemの驚異的パワーが体験できるのも、また数ヶ月先延ばし、でしょうか。あ~あ。

Digitimes, Image: Flickr/yomi955

Matt Buchanan(原文/訳:satomi)

【関連記事】

AMD、莫大な企業秘密をインテルから盗んだ元社員を採用--「知らぬ、存ぜぬ」にインテルは激怒

トランジスタ誕生60周年記念企画「インテル歴代チップ写真コレクション」(動画)

メーカーごとエコ度ランキング、アップルの評価は…

拝啓 メーカー各社様

可愛い女の子が自分のMacBookの外側を広告として売り出す