日出国のエグゾスケルトン農夫と仲間たち(動画)

日本農業の未来形でしょうか…

東京農工大学が開発した農業従事者専用「パワーアシストスーツ」です。肩・ひじ・背中・膝に計8個のモーターを装備しました。にんじん、大根も面白いようにスポスポ抜けますよ。重量35キログラム重さは半分に減らして、2年以内に市場化に漕ぎ着けたいとのこと。気になるお値段50万から100万円ぐらいとなる見込み。[Japan Probe]

- HAL -

パワードスーツ((英語では「エグゾスケルトン(外骨格)」が一般名称)と言えば忘れちゃいけないのが、山海嘉之教授の「HAL」(Cyberdyne社)です。2006年夏ギズモードで紹介したものですが、「10月から年産400~500台の大量生産開始に向けラボ建設が始まった」と米GIZMODOに昨年4月再登場しましたよ。プロモ画像はこちら。

090115cyberdyne-hal.jpg

Cyberdyne via LovingtheMachine vie BotJunkie via Boing Boing Gadgets

レンタル開始を伝えた10月のエントリでは一般市民の装着写真です。

090115HALrobotsuit1.jpg

重量10キログラム通常の10倍にパワーアップできます。連続装用2時間40分。4月には「月1000ドル」と紹介してた月額レンタル料は最終的に「2200ドル」となってます。「高…!」という方には「片足1460ドル」のお求め易いオプションもございます。[Daily Mail

- HONDA -

農工大の「パワーアシストスーツ」を見たギズUKの方が「思わずこれを連想してしまった…」とコメントに残したのがこちら、ホンダが昨年11月に発表した「体重支持型歩行アシスト」です。真面目一色のデモ動画なのに笑っちゃうのはどうしてでしょうね? プレス発表の録画と一緒にどうぞ。

 (デモ)

(プレス発表)

「一歩足の踏み方間違えるとエンドスケルトンだな」

米GIZMODO読者から早速ニックネームがつきました。[Wired

Elaine Chow、Sean Fallon、Paul Lester(原文1原文2原文3原文4/訳:satomi)

【関連記事】

ホンダの形が微妙なパワードスーツ

米国防総省が開発中のパワードスーツ

[オートサロン2008]パワードスーツDUALIS@日産ブース

パワードスーツ、リハビリ用(非バトル用)

生活を助ける7つのロボットを紹介