ゴミを燃料にしてホンダアコードを走らせる(動画あり)

ゴミを燃料にしてホンダアコードを走らせる(動画あり) 1

バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 2』で、デロリアンに搭載された「ミスター・フュージョン」を覚えてますか? 生ゴミを入れると電力を得ることができるこの機械を見て、これは効率的だしもしかしたらエコですらあるかもしれない、なかなかいいアイディアなんじゃないかと思ったんですよね。

そしたら、「ガス化」技術で、このミスター・フュージョンを実現した方がいらっしゃったようです。

ガス化とは、熱を使って固形バイオマスまたは他の炭素質の個体を、燃料として使用可能なガスに変換すること。木材のチップ、くるみの殻、建築廃材、農業廃棄物など、基本的には乾いた固形の有機物から、クリーンでカーボンニュートラルな気体燃料を取り出し、内燃エンジン、調理用ストーブ、火炎放射器などに使うことができます。

ガス化自体は別に新しいメソッドではないとおもいますが、ネタ元サイトのinstructableではどうやって小型のガス化装置を作るか、手順を教えてくれていますよ。ここではキッチリと乾燥させた有機物を使っているようなので、バナナの皮をそのまま入れるってわけにはいかないようですが。でも松ぼっくりを集めてきてガソリンの代わりにできるなら悪くないかな。

以下の動画で、ホンダアコードに装置を搭載して、快適そうにドライブしている様子を見る事ができます。

  

[Instructables via DVICE]

Sean Fallon(MAKI/いちる)

【関連記事】

アウディR8 V10は、世界初のオールLEDヘッドライトシステムを搭載

減速して通るとぺったんこになるスピードバンプ

これどうやって充電するよ…な、中国らしいソーラー軽自動車が格安発売

空気で走っちゃう、とってもキュートな自動車「AirPod」

空飛ぶ車、来春に発売か?