病的で不吉なマシン・スカルプチャーの魔力

病的で不吉なマシン・スカルプチャーの魔力 1

暗いのに、目が吸い寄せられます。

Kris Kuksi氏のメカニカルなアートです。小さなころ何か辛いことでもあったんでしょうか…(あるいは墓場に酸を垂らして遊んだとか…)。仮にそうでも、この作品の素晴らしさは微塵も損なわれないと思いますね。

 

病的で不吉なマシン・スカルプチャーの魔力 2

病的で不吉なマシン・スカルプチャーの魔力 3

病的で不吉なマシン・スカルプチャーの魔力 4

病的で不吉なマシン・スカルプチャーの魔力 5

病的で不吉なマシン・スカルプチャーの魔力 6

病的で不吉なマシン・スカルプチャーの魔力 7

病的で不吉なマシン・スカルプチャーの魔力 8

病的で不吉なマシン・スカルプチャーの魔力 9

病的で不吉なマシン・スカルプチャーの魔力 10

病的で不吉なマシン・スカルプチャーの魔力 11

病的で不吉なマシン・スカルプチャーの魔力 12

病的で不吉なマシン・スカルプチャーの魔力 13

病的で不吉なマシン・スカルプチャーの魔力 14

病的で不吉なマシン・スカルプチャーの魔力 15

病的で不吉なマシン・スカルプチャーの魔力 16

Kuksiさんが手掛けるスカルプチャーとジオラマ(バスレリーフ)には、古の世界と現代世界の間に横たわる張り詰めた緊張感を見つめる、という傾向が見られます。テーマの重点は宗教・侵略・死。それ全てを達成しながらも尚、テクノロジーのセンシティビティを維持している、その作品世界は僕を「ナードガズム」の頂点へと導いてしまいます。

戦車は政治色が濃過ぎるし、他にも宗教色の強い作品もありますが、僕が気に入ったのは上にあるツェッペリンのモチーフですね。あとは村を抱いてあやす骸骨―どこか映画『マトリックス』の地下都市ザイオンと日本の古代神話の掛け合わせを思わせます。

『ハウルの動く城』や『ファイナルファンタジー』、『モンティ・パイソン』を咄嗟に連想したというコメントも出てますけど、みなさんはどう思います?

Art Machinesも書いてるように、ここの画像では精緻なディテールは分からないと思うので、Kuksiさんのサイトでズームして是非ご鑑賞くださいね。他にも多数ありますよ。

Kris Kuksi via Art Machines

Adrian Covert(原文/訳:satomi)

【関連記事】

【詳細】炭素冷凍されたハン・ソロの机

暗黒の魔導師が作ったホムンクルス人形が持つ、タッチスクリーン型MP3プレイヤー

カルトというより、オカルトに入店

ジャンピングは死に到る病…ということを示すCM

不気味なレゴ頭蓋骨DEATHね