アイスにご注意!? 飲酒運転になっちゃうかも

この話を聞いたら、「今日は車なんで…」と運転前にアイスを食べるのを止めるようになるかもしれません

なぜかというと、オーストラリアでこんなことがあったそうです。なんと、男性がアイスバーを食べただけで、車の飲酒検知器が運転しちゃダメ!と判定し、エンジンを起動してくれず、車で帰宅出来なかったんです。

UPIのレポートによれば、オーストラリアのフランクストン在住の身元不明の男性が、お酒を飲んでもいないのに飲酒探知機に息をふきかけたら偽陽性がでた!画像にあるピエロ型アイスバーBubble O'Billを食べただけなのに!と主張し、彼は裁判所に自分の車から飲酒探知機を取り外してほしいと駆け込んだそうです。

裁判所は実際にエラーが出るのか?テストをすることにしました。すると、アイスを食べる前の彼の血中アルコール濃度(BAC)は「.0000」だったのに、アイスを2口パクパクっと食べてすぐに数値を測ってみると、血中アルコール濃度は「.0018」になっていました。その結果、彼の願いは叶い、彼の車から飲酒探知機は取り外されました。

彼は主張が通りハッピーな結果になりましたが、なにげに大きな問題がありますよね?だって彼が、飲酒探知機をはずすために何かトリックを使ったか? 飲酒探知機自体にバグがあるのか? でなければ、今後、彼が運転前にアイスをたべたら、血中アルコール濃度が上がったアイス酔いした状態で運転してるってことになるんですから・・・。もう、飲酒探知機がアラートを出してくれることもないし、恐ろしいですね。

もしかしたら、皆も知らないうちにアイス酔いしているかもしれませんね。

[UPI via Tech Dirt via Prefix Forums]

Adrian Covert(原文/junjun)

【関連記事】

携帯 vs 酒気帯び 、どっちが悪い?

Seju「Alcohol Tester MP3」:次世代MP3プレーヤの姿?

空飛ぶ車ブーム再燃

サンコネクション「SC-AL4071」:キーライト付アルコールチェッカー

白バイならぬセグウェイ警官が飲酒運転を逮捕!