開放的に眺めを楽しむゴンドラのコンセプト

開放的に眺めを楽しむゴンドラのコンセプト 1

なんだかエコな時代にふさわしい、ゴンドラのコンセプトデザインです。シンプルできもちよさそうですね。提案したのはFredrik Hyltenさん。

名前は「Taiyou」。太陽? 日本語の知識がある方なのでしょうか。

太陽エネルギーを使う仕組みで、構造は非常にオープン。怖いくらいですがハーネスをつける設計ですから落っこちません。

2人乗りで、2本のワイヤからつり下げています。そして上部にソーラーパネルを設置。ワイヤを2本にすることで、風にも強く、中継塔の間隔もより遠くとることができるというのがデザイナーの意見です。

グリーンに眺めを楽しめることは間違いなさそうですが、高所恐怖症の人は乗るのが難しいでしょうね。

開放的に眺めを楽しむゴンドラのコンセプト 2

開放的に眺めを楽しむゴンドラのコンセプト 3

開放的に眺めを楽しむゴンドラのコンセプト 4

[The Design Blog]

Jack Loftus(MAKI)

【関連記事】

BMWの「ミニクーパーE」は電気自動車だから何かとちょっと違う

ソビエトの宇宙船ソユーズに起きた悲劇

近い未来の旅客機はこうなる!をNASAが提案する

中華ガンダム、地下鉄で行きまーす!!

7人乗りで時速480kmを目指す、オープンカーのリムジン「GP Limo」