世界初の「Boot Camp」だったのか…伝説の「Apple II」で、Windows稼動OKだったと判明!

2009.02.02 11:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
090130z.jpg


「Leopard」で初めてWindowsと出会ったんじゃなかったのね…

まさにパーソナルコンピューターの礎を築いたとも言える、当時最先端の「Apple II」では、実はWindowsを走らせることだって可能だったの、ご存知でした? 今となっては、まるでどこか古いレジのPOS端末みたいなモノクロ液晶ブラウン管マシンですけど、このアップル提供のハードウェアで、マイクロソフトの「Windows 1.0」だって動いていたというのは、ちょっと驚きですよね。


090130y.jpg


それを可能にしたのが、この「88 Card」マザーボードでした。8088プロセッサを搭載して、64KBのメモリを装備し、「CP/M 86」というOSが、Apple IIにも載せられるようになったそうです。


090130x.jpg


Apple IIと88 Cardのタッグで切り開かれる世界は、新境地とも呼ぶべき画期的な進展だったため、こんな宣伝記事が紙面に掲載されたりもしましたよ。だって、エミュレーターの活躍によるとはいえ、もう四半世紀も前に、ある意味すでにMacとWindowsの感動的な出会いが起きていたってことですものね…


Jesus Diaz(原文/湯木進悟)


【関連記事】
Puma+Apple IIの失敗を糧にNike+iPodができたのかも
ピンクのiPod nano、発売される
アップルの超薄型アルミニウムキーボード vs 今までのアップル製キーボード(Lisaとか)
誰が買う?四半世紀前の「Apple II+」が1400+ドルで競売に
かつて世に出たアップル製品を、ほぼ残らず集めた男のスペアルーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加