火と花火~CCTV新本社ビル隣の高層ホテル火災の映像(動画)

現場からは200連発、100連発打ち上げた痕跡が見つかったそうですが…。上の録画を見ると出火してからも、そんなに遠くない場所で打上げ花火が続いてる様子が分かります。

レム・コールハースがデザインした中国中央テレビ(CCTV)新本社。その同じ敷地内の高層ホテルで9日発生した火災の映像です。

市消防局は10日、CCTVが当局の制止もきかず花火数百発を違法に打ち上げたことが出火の原因と発表しました。

中国ではちょうど旧正月(春節)で、初月最初の15日は「元宵節(Lantern Festival)」。花火はこの最後の夜(小正月、今年は9日)を祝うものだったようですね。

隣のCCTV新本社は延べ645万平方フィートの複合ビルで、ツインタワーが傾いて建って空中2ヶ所で連結しているエンジニアリングの最高傑作です(北京在住ブロガーの方によると「鳥の脚」とか「ズボンのすそ」とか「でかパン」と呼ばれてるそうですが)。

ほぼ全焼したマンダリン・オリエンタル・ホテル入居予定のビルとは目と鼻の先。「ホテルの火を早く消さないと、CCTV本社ビルまで倒れちゃうんじゃ…」と、市民もハラハラしながら消火活動を見守りました。

火と花火~CCTV新本社ビル隣の高層ホテル火災の映像(動画) 1

ギズの上海在住ライターElain女史によると、中国国内ではテレビ放送でもあんまり現場の映像が流れてこなくて上海の一部地元局も妙に静かだったそうな。最新情報はブログと中国語版Twitterで仕入れたとあります。途中から統制が入ったんでしょうかね。

ニュース映像もどうぞ。

  

[Shanghaiist]

Elaine Chow(原文/訳:satomi)

【関連記事】

山火事が消せるのはダンゴムシのロボと人間だけ

ナショナル「けむり当番」「ねつ当番」:声で知らせる火災警報機

火種をにおいで嗅ぎ分けるロボ「T2-4」です。

ジェットエンジンを利用した消火器

森林火災消化現場作業用ロボット