ソニーの新CMは昨年の人気YouTubeビデオに酷似?

断言はできないのですけどね…

昨年大流行したImprov Everywhereのフラッシュモブ「Frozen Grand Central(以下FGC)」。YouTubeで15000000 viewもありますから、見た人も多いと思いますが、見てない人のためにこの記事の一番下に貼っておきます。

で、上のソニーのCMは、このFGCに似すぎている気がするんですよね。

New YorkのGrand Central駅構内に突然モデルが集団で現れ、ソニー製品を手に、マネキンのようにポーズをとってフリーズします。通りがかりの人や通勤客がそのパフォーマンスに感銘を受けているらしきコメントが流されます。

コンセプトだけではなく、編集の仕方までFGCに似ています。

Sonyのパクり疑惑はこれがはじめてじゃないんですよね。前にもお伝えしたように、Braviaのうさぎ編CMを製作した広告代理店に対して、LAのアーティストKozyndanさんは、以前そっくりのイメージボードを提出して無視されたのに、今回は無断でアイディアを盗用されたと主張しています。

ソニーは盗用の事実はないと否定しましたが、両者の作品を見比べると、確かにすごい似てるんですよね…

実際のところはどうなのでしょう。もしパクりなのであれば、世界最高に近いクリエイティブチームを抱えるソニーなんですから、今後はオリジナルで勝負して欲しいです。僕は相変わらずソニーマニアで、家中ソニー製品です。

  

[Improv Everywhere and Creativity Online, Thanks, Zach Linder!]

Adam Frucci(MAKI/いちる)

【関連記事】

米SCEの特許はPSP Phoneの存在を暗示しているのか?

ソニーの人はDSiをどう思っているか

一刻も早く作って欲しい、ソニーのOLEDノートPCのコンセプトデザイン(動画)

ソニエリ期待のPSPケータイ、夢幻のごとく消え去る…

「VAIO type P」デザイナーがアップルに移籍すれば…を妄想中