とにかく機能てんこ盛りの小型軽量デジタル一眼レフ「E-620」発表

とにかく機能てんこ盛りの小型軽量デジタル一眼レフ「E-620」発表 1

オリンパスからデジタル一眼レフカメラの新機種「E-620」が発表されました。

本体サイズは130(W)×94(H)×60(D)mm、重量は約475g。同社の小型軽量デジタル一眼レフ「E-420」にはちょっと及ばないものの、十分に小型軽量です。デザインは、グリップ部が小さめでE-420ライクになっています。

この小型ボディに、オリンパスの持てる技術を隙間なくぎっちり詰め込んでいますよ。ひとつひとつ説明するのは面倒なので、主な機能を書き出しますね。

有効画素数:1230万画素

ファインダー:視野率95%、倍率約0.96倍

AF測距点:7点全点ツインセンサー(内5点がツインクロスセンサー)

連写機能:約4コマ/秒

アートフィルター:ポップアート、ファンタジックフォーカス、デイドリーム、ライトトーン、ラフモノクローム、トイフォト

多重露出:最大2コマ

マルチアスペクト:4:3、3:2、16:9、6:6

フリーアングル&ハイパークリスタルIII液晶モニター搭載

ボディ内手ぶれ補正

スーパーソニックウェーブフィルター

とにかく機能てんこ盛りの小型軽量デジタル一眼レフ「E-620」発表 2

背面はこんな感じです。

一言で言えば「ミニE-30」といったところでしょうか。E-30にあった電子水準器は省略されていますが、それ以外の機能はほとんど搭載されています。

しかも、専用パワーバッテリーホルダー「HLD-5」が登場。普段はそのまま小型軽量で、ちょっと大きなレンズを付けるときはHLD-5を付けてというように、使い分けができますね。

その勇姿はこの後すぐ!

  

とにかく機能てんこ盛りの小型軽量デジタル一眼レフ「E-620」発表 3

これがHLDー5です。これをE-620に装着すると……。

とにかく機能てんこ盛りの小型軽量デジタル一眼レフ「E-620」発表 4

こんな感じです。

HLD-5を付けた状態でも675gと軽量なのがうれしいですね。

僕、E-3とE-520を持っているんですが、E-520よりも使い勝手がよさそうなので、入れ替えようかと検討したんです。E-3のサブカメラにいいかなと思ったんですよ。

でも、リチウムイオン充電池がE-3/E-520の「BLM-1」ではなく、E-420で採用されている「BLS-1」なんですよねぇ。できればBLM-1にしてほしかったなというのが本音です。BLM-1だったら、買い換えたいという人もいっぱいいるんじゃないですかね?

発売は3月下旬。実勢価格はボディ本体が9万円前後、レンズキットが10万円前後、Wレンズキットが

12万円前後です。

E-620[オリンパス]

(三浦一紀)

オリンパス E-620 レンズキット+CFカード4GB
オリンパス E-620 レンズキット

楽天で詳細を見る

【関連記事】

真っ白いデジタル一眼レフ日本でも発売決定!

誰でもプロの映画カメラマンになれるキヤノン「5D Mark II」(動画アリ)

本日オリンパスのデジタル一眼レフ中級機「E-30」発表?

オリンパスと松下電器がフォーサーズシステム規格の拡張規格「マイクロフォーサーズ規格」を策定

オリンパスから小型軽量デジタル一眼レフ「E-420」とパンケーキレンズが登場