「パイロットよ、携帯はオフにせよ」FAAが各航空会社に警告

「パイロットよ、携帯はオフにせよ」FAAが各航空会社に警告 1

機内でケータイ使っても大事故にはならない…と頭では分かってても、普通はオフにしますよね。でも、コックピットではオンのままの操縦士もいることが分かり、そんなことではいかんじゃろ~と、米連邦航空局(FAA)から大目玉を食らっちゃいました。

最近、離陸の大事な局面でファーストオフィサー(副操縦士)の携帯電話が鳴り出すという報告が監査官から上がったのを受け、FAAは「深刻な危険に繋がる可能性もある」と、被害航空各社に警告を出した。

FAA航空事業安全監査官が、ジャンプシートに座って匿名の航空会社のフライトに同乗したところ、V1(この速度確保後は滑走路で停止はできず通常は離陸体制に入る)に達する直前になって、かなり大きな「鳥のさえずり」の音が両乗務員に「探知」されたという。

「後に、音源はファーストオフィサーがONのまま持っていた携帯電話と判明した」と、Safety Alerts For Operators (SAFO/運行者向けの安全警告)には書かれている。

書簡にはさらに「結果として、離陸時、乗務員たちは着信音に気を取られ注意散漫となり、不要な離陸中止(Rejected TakeOff)に入り兼ねない状況となった」とある。

乗務員が言うには、航空会社の一般運行マニュアルには乗客と違って、乗務員が携帯をオンにしてならないという定めはないそうな。その辺もFAAの規則(ゲートから先の使用は禁止)と食い違ってたり、見直しが必要みたいです。

FlightGlobal

Adam Frucci(原文/訳:satomi)

【関連記事】

F-35戦闘機を軍部パイロットが初テスト飛行、感想は「驚異的」(動画)

F-16パイロットが民家に誤って爆弾投下(動画)

ゼロ歳から始めるパイロット養成プログラム

戦闘機で渓谷を低空飛行(動画)

新品のボーイング777を超低空飛行の機長、首になる(動画)