絶滅危惧種のイグアナを食べちゃったカップル、Facebookの写真がもとで逮捕される

絶滅危惧種のイグアナを食べちゃったカップル、Facebookの写真がもとで逮捕される 1

米国イリノイ州のカップルがバハマに旅行に行き、エキゾチックなバカンスの思い出にと、なんと絶滅危惧動物に指定されているイグアナを捕まえて食べてしまいました。本人たちはこれをワイルドで楽しい思い出として一部始終をインターネット上のFacebookで写真公開していたため、これが警察の目に留まり逮捕されたそうです。

ぼくは前にワニを食べた事があります。あれはフロリダで、8才のときでした。すごく硬くて、鶏肉に近い淡白な味でしたが、すぐに鶏の手羽先を揚げたバッファローウイングの方がずっといいやという結論に至りました。たぶんイグアナもそれほど美味しいもんじゃないとおもいます。

日常を離れて恋人とリゾートにバカンス、なんてついつい盛り上がって周りが見えなくなり、普段はしないようなバカなことをしてしまったのでしょうか。みなさまはそんなことのないようにお気をつけください。

Metro UK via digg

matt buchanan(MAKI)

【関連記事】

絶滅予想「WiFiフォンは2012年までにほぼ消える」

絶滅寸前のゲーム文化、ピンボール工場の現在

絶望という名のスノードーム

つまり人類は、もう進化しない

はぁっ…ボタンを…押して…ください…「Intimate Game Controller」