超カッコイイ! 3Dアニメで教えてくれるKERSの仕組み(動画)

このFormula1 2009は、僕がここ最近観た3Dアニメーションの中で一番スゴイ出来です。このビデオは、新しいKERS(エネルギー回生システム)が、どのように働くか視覚的に解説してくれています。このシステムのおかげで、ものすごくスピードが上がるそうですよ。

KERSKinetic Energy Recovery Systemの頭文字をとって省略したもの。これはモーター発電機を搭載していて、ブレーキをかけてる間に生成されたけれど利用していなかったエネルギーを無駄にせず貯蓄して再利用するシステムなのです。

ちなみに、運動エネルギーを電気エネルギーに変換した後は、車のフロントにあるバッテリーに貯蔵される仕組みになっています。

そして、1番カッコイイのは、1週毎に1回バッテリーがフルになると、F1ドライバーは、ブースト・ボタンを押して6.5秒の間マシンパワーが82馬力上昇することが出来るところ。エンジンの呼び容量よりも、かなりパワーアップするんですから、カッコイイですよね。1度、そのボタンを押してみたいなぁ。

Jesus Diaz(原文/junjun)

【関連記事】

F1にインスパイアされた芝刈り機.

ハイブリッドカーなF1が登場?

5700ドルのセイコーF1「スポーチュラ」最新モデル

ギズモードのライター、F1日本グランプリ in 富士スピードウェイで地獄に遭遇する(動画)

F1並みの限界チューニングを施されたゲーミングキーボード「7G」