LEDの寿命表記は本当に正しい?

LEDの寿命表記は本当に正しい? 1

白熱電球は球が切れると寿命って分かりますよね。

でも、そのつもりで「LEDが2.5万~5万時間保つ」と思ったら大間違い。

実際はLEDの寿命をどう定義すべきか、まだ誰もよく分かってないようです。 LEDは白熱電球みたいにパチンと球が切れるんじゃなく、モソ~ッと時間をかけて明度が落ちていくので。

従って、買ったLEDに「寿命2.5万時間」と表示があったら、それは最大キャパの70%で光ってる状態が2.5万時間と考えてほぼ間違いなし(業界では、これがみんな気付くラインと想定してます)。

だんだん暗くならないよう、LEDに電力供給を増やしていくようなランプを作んなきゃ…と言ってるエンジニアさんもいますが、それでは省エネ電球本来の目的にそぐわないし、ランプの寿命も縮んでしまいますよね…。

というわけで、このNYTの記事の教訓はひとつ。白熱灯や電球型蛍光とは寿命の定義が異なるんだから、それに合わせた別の表記を用意して、もっと正確に伝えようよ、と。

個人的には、あんま問題じゃない気がしますけどねー。だって白熱灯1000時間使って切れて交換するより、5万時間使って暗くなったんでLED別のに付け替える方が、僕はいいですもん。バンドエードも貼らなくていいし(台所でトントン料理してたら球が割れちゃって…)。

[NYT]

Sean Fallon(原文/訳:satomi)

【関連記事】

OLED+ノイズキャンセリング+Webブラウザがついたウォークマン「NWZ-X100」(動画あり)

影をLEDの光に変換:「Stromer」

壁一面に咲く、LED製のタンポポ綿毛

DS LiteにLEDを埋め込み、キラキラディスコ風に改造

LEDで光る実用的なライトセーバーのレプリカはいかがですか?