追跡用の足ブレスレットを義足につける世界一まぬけな警官

追跡用の足ブレスレットを義足につける世界一まぬけな警官 1

大麻所持で逮捕された男の足首に追跡デバイス装着して泳がせたら、カパッと取り外せる義足だったという英国発のニュース。

3ヶ月の保護観察処分を受けたのはブレット・ラベンヒル(Bret Ravenhill)という29歳のフォークリフト運転士。夜間に外出できないよう、現在地を知らせる足ブレスレットをつけて逃がしてやったのですが、婦警も金属の足とは気付かなかったようです。

「すぐ気付くと思ったんだけどね。 - ズボンたくし上げないし、靴下の中まで見ようともしなかった。冗談のつもりで、そのままにしておいたよ」

本人は「一度も門限破りはしてないよ」と言ってますけど、うーん、こればかりは確かめようがない…ですよね? ここは「僕は一般の人に危害を加えないけど、武器を持った強盗相手に同じことしたらどうなのよ?」と痛いところつく義足のポットヘッド(?)に得点1、ですねー。

Telegraph

Adam Frucci(原文/訳:satomi)

【関連記事】

2個で100万ドルのワッシャー!? 犯罪の香り・・・

マヌケな侵入者の写真を貯める「iSightログイン失敗写真集」

スイス警察、Google Earthで大麻畑を発見

青葉警察署、ひき逃げ犯の指名手配写真をMiiで作成する

麻薬検出器ハンディタイプ:「Vapor Tracer」