Windows 7、非力なXPポータブル機でも十分に動作すると判明(動画)

つまり本当にVistaは不要ってことで…

このBGM、ラテンのノリだなぁと思ってたら、スペインからの投稿動画だったんですね。ネットブックでも「Windows 7」が動くなんて、まだまだ甘いよって勢いで、Atomプロセッサすら積んでいない、ネットブック登場前夜の2007年発売のUMPC「Amtek U560」で、サクサクとWindows 7が動くかどうかを、思い切ってテストしちゃったそうです。

インテルのA100プロセッサ(600MHz)をCPUに採用し、512MBのメモリを搭載するAmtek U560へと、USB接続の外付けDVDドライブを利用して、1時間ほどかけてWindows 7をインストールする荒技に取り組んでいますよ。元々は「Windows XP Home Edition」が搭載されていたんですが、Windows 7とのデュアルブート環境構築に挑戦してみました。

いやいや、本当に意外と高速起動ですし、「Windows Experience Index」スコアこそ、全体評価で1.2しかありませんでしたけど、実際の操作感は、かなり快適! ほとんどのドライバ類も、ほぼ問題なく動作確認が取れたとのことですよ。こりゃもしや、Windows 7の最低インストール条件って、Vistaのハードウェアスペックというよりは、XPさえ動いてるマシンなら、十分にオッケーって感じじゃないですかね…

[Slashgear via BBG]

John Herrman(原文/湯木進悟)

【関連記事】

Windows 7インストールから設定・活用までの簡単ステップ

Windows 7 で 改良された機能 ベスト10

Windows7でタスクバーが生まれ変わる(動画)

Windows 7の機能をウォークスルー(動画アリ)

Windows 7は2009年の中ごろに完成と公式発表