カセットボンベで32坪も耕せるコンパクト耕耘機「ピアンタ FV200」

カセットボンベで32坪も耕せるコンパクト耕耘機「ピアンタ FV200」 1

バイクやクルマだけじゃない。発電機や除雪機など、汎用製品にも定評あるホンダの新作です。

空冷4ストローク単気筒OHV49.4ccエンジンを搭載する「ピアンタ FV200」。カセットコンロに使う家庭用のカセットポンベを燃料とする、新しいタイプの家庭用耕耘機です。最大馬力は1.5psと低いのですけど、家庭菜園にはこれでも十分。1本のカセットボンベで約1時間も土を耕してくれますよ。広さでいうと約32坪(106m2)。アタッチメントをつければ畝立て、中耕、培土、除草もできちゃうとか。

折りたたんでクルマのトランクに収められるサイズなので、貸し畑やレンタルガーデンまで持って行くのもラク。CO2の排出量も少なく、メンテナンスもカンタン。すでに耕耘機を持っている方も、セカンド耕耘機としていかがでしょうか? 気になるお値段は10万4790円です。

ピアンタ FV200[HONDA]

(武者良太)

【関連記事】

ホンダ・インサイトが売れてます!

ホンダのかっこよすぎるカブ

ホンダのモンキーがフルモデルチェンジ

葉っぱを育ててエコドライブ

ホンダの形が微妙なパワードスーツ