カラー電子ペーパー携帯情報端末「FLEPia」

カラー電子ペーパー携帯情報端末「FLEPia」 1

超薄型の携帯情報端末「FLEPia」(フレッピア)が富士通フロンテックから発売です。

FLEPiaは、8インチの1024x768 XGAタッチスクリーンにより最大26万色の表示が可能な携帯型の情報端末。カラー電子ペーパーにより、12.5mmの薄さ385gという軽さを実現しています。

さらに、詳しく見ていくと。

  

本体のOSには、Windows CE5.0を採用し、無線LAN(IEEE802.11b/g)、Bluetooth(Bluetooth Ver2.0+EDR)をサポートしていて、外出先からウェブやメールのチェックも可能です。

USB2.0ポートやSDメモリカードスロット(最大4GB)の外部端子も備えています。

バッテリーは連続40時間(約2400ページ)使用可能。読み込み可能なファイルフォーマットはXMDF、.book、Word、Excel、PowerPoint、PDF、TXT、BMP、JPEG、GIF、PNG、HTMLで、多彩なファイル形式に対応

購入は、現在は富士通フロンテックの直販サイトからのみとなり、出荷開始は4月20日からとなっています。

海外では、AmazonのKindleが盛り上がっていますが、選択肢が色々増えていくのは嬉しいですね。

[Engadget Japanese]

Elaine Chow(原文/聖幸)

【関連記事】

マイクロソフトが考える10年後の世界『2019』(動画)

ソニーの新しい電子書籍リーダー「PRS-700」はタッチスクリーン

動くポスターと化すのか、厚さ0.2mmの有機ELディスプレイ

eペーパーを使ったリストバンド

カラー電子ペーパーのすごさを、やっと理解(動画)