GPSに殺されかけた人

GPSに殺されかけた人 1

GPSの言う通り走ってたら、危うく車が30m下の線路に落っこちそうになった、という怖いニュース。

被害にあったのは、サウスヨークシャー州ドンカスターに住む43歳の運転手ロバート・ジョーンズ(Robert Jones)さんです。事故は今月22日の日曜朝、英ウェストヨークシャー州Todmordenで、友だちの家に向かう途上、起こりました。

毎日欠かさず使ってるGPSには絶大な信頼を置いてるロバートさんは、事件後こう感想を漏らしています。

「私はただ単に衛星ナビを信用してただけ。道がだんだん狭くなっても坂道が急になっても、道に間違いないんだからと自分に言い聞かせ続けてしまった。衛星ナビには頼りっ放しで、これが無いと仕事にならない。クルマが崖から滑り落ちなかったのは不幸中の幸いだよね。ちょっと悪夢だけど」

州警察に午前11時過ぎ「Bacupロードの崖っぷちにBMWがぶら下がってるぞ」と通報が入って現場に急行。車は大勢の野次馬が見守る中、9時間がかりで引き揚げ、ロバートさんは前方不注意で出頭を命じられました。なんか納得いきませんけど、GPSのせいにはできないようです。

怖いのはここの地名で、米版の読者さんがコメントで書いてるんですけど、「Todmorden」って元はドイツ語で「Tod(死)」と 「Morden(殺す、の不定動詞)」の合成語だそうですよ? BMWには通じちゃったんでしょうか…。

[BBC, The Mirror via Jalopnik Image: Marcin Wichary/Flickr]

matt buchanan(原文/訳:satomi)

【関連記事】

GPSつき地図つきコイン

撮影した画像のGPS情報を埋め込めるニコン「GP-1」

プーチンの愛犬、GPSつき首輪をつける

浮気調査にも使えるGPS&FOMA位置情報発信機[危機管理産業展2008]

世界初のGPS機能搭載モバイルPCがありましたよ[CEATEC2008]