まとめ:ここがスゴイよ、iPhone 3.0のファーストインプレッション!

2009.03.18 11:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
090318a.jpg


ギーク向けから、もっとお茶の間にも優しいiPhoneになったってことですね…

iPhone/iPod touchに搭載される次世代OS「iPhone 3.0」が発表されましたけど、米GIZMODO編集チームの率直な感想は、おっ、ようやく細かいとこにも手が届くようになってきたなっていうものですよ。100を超える新機能を実装してはいるものの、基本的なiPhoneのユーザーインターフェース(UI)に、それほど目立った大変化が生じちゃったわけではないんですよね。でも、このメジャーアップデートで、いよいよ使えるiPhoneとして、強力にパワーアップしてきたなって、まるで立派にスクスク成長した我が子の姿を見るような感動に包まれているとのことですよ。

ではでは、ここで魅惑のiPhone 3.0の、皆にうれしい貴重なアップデート機能のファーストインプレッションをお届けいたしましょう。ぜひ、続きにて速攻チェッ~ク!
 

090318b.jpg


◆Spotlightで検索強化

Mac OS Xではお馴染みのデスクトップ検索技術「Spotlight」が、ついにiPhoneでも実装されちゃいましたよ。ホームスクリーンを左にフリックすれば、Spotlightの検索フィールドが表示され、アドレス帳であれ、メールであれ、iPhone内の全情報を一発検索できちゃうようですね。お目当てのアプリも、すぐに探し当てられちゃいますから、これで増えに増えまくったホームスクリーンをペラペラとめくりまくらずとも、アプリの瞬間起動ができちゃいますね。


090318c.jpg


◆App Storeの新販売方式「In-App Purchase」


iPhoneアプリの守備範囲が一気に広がりそうな予感です。いちいちApp Storeを経由しなくっても、アプリ内からダイレクトに、プレイ中のゲームの新作ストーリーやステージ、専用電子ブックリーダーに対応する最新刊の雑誌や新聞記事などなどを、次々と有料販売していくことが可能になっちゃいますよ。ま、これで、うざったい有料コンテンツが、やったらめったらと登場してこないようにだけは願いますけど…


090318d.jpg


◆iPhoneを、なんでもリモコンに

iPhone 3.0では、特定のデバイスを対象にしたカスタムアプリケーションの作成に新対応したので、いろいろと自由度の利くリモコンインターフェースが実現しちゃうみたいですよ。スピーカーのイコライザーコントローラーとして利用したり、テレビやエアコンなどのリモコンにしちゃったり、今後の対応次第で、どんどん可能性が広がっていきそうですね。


090318e.jpg


◆本格カーナビ機能を提供

新たなカーナビアプリの登場を予感させますね。開発者がGoogleマップをダイレクトにアプリへ埋め込み、現在位置情報を把握して、目的地まで進行方向をナビゲートしてくれるような設定まで可能ですよ。ナビゲーション中に、表示されている地図を、ピンチ操作でスムーズにズームインできちゃうのも便利そうです。


090318f.jpg


◆ついに実現したコピー&ペースト

どうして実装にこぎつけるまで、これほども時間がかかったのか? その謎が解けるかもしれない、アップルが練りに練り上げたというユーザーインターフェースでのコピペ実現でございますよ! ダブルタップで選択、エリア設定はドラッグ操作、そして「切り抜き」「コピー」「貼り付け」を自由に指定と、これ以上ないシンプルなエクスペリエンスで、これまでのイライラを一気に吹き飛ばしてくれそうです。OSのコアな部分で実装される技術なので、ほぼあらゆるアプリケーションでの利用が可能というのも、本当に待ちに待ったうれしい発表ですよね。


◆メールへの写真添付ファイルを拡大

上のコピー&ペーストの実装とも大いに関係ありそうですが、メールに複数枚の写真を同時に添付して、一発送信できちゃうようになりました。そもそも、これまではメールに画像ファイルなどを添付するって概念自体が、iPhoneでは否定されてたようなもんですからね。


090318g.jpg


◆ワイドなランドスケープキーボードがメール&SMSに標準対応

これまでもサードパーティー製アプリを利用すれば、できないことはなかったんですけど、でも、こうして標準で対応してきてくれるのはうれしいですよね。これで、横長キーボードでタイプ間違いが減り、さらに快適にメールでもSMSでも送れるようになりますよ。


090318h.jpg


◆SMSを大幅強化

意外とSMSの転送機能って、ないと不便だったりしたんですよね。でも、これからは、写真だの音声だのも組み込んだマルチメディアメッセージング(MMS)機能に対応し、それすらダイレクトに転送できちゃうみたいですよ。携帯電話としても、かなりパワーアップしてきた感じですね。


◆Bluetoothでステレオ音声ストリーミング

最後は、ちょっとマイナーにも見えるアップデート機能なんですけど、でも、この「A2DP」対応のBluetoothヘッドセットへ、ハイクオリティーなステレオ音声を飛ばせるようになったのは、音楽プレイヤーとしての価値を高める上でも、かなり重要だと思うんですよね。対応周辺機器アクセサリーが、これから続々と登場してきそうな感じですね。


いかがでしたか? どれも、iPhoneを毎日フルに活用していく上で、欠かせない機能だったりしますよね。アップルらしいなって思うのは、これまでの基本となるiPhoneのユーザーインターフェースは、ほぼまったくといっていいほど変えることなく、なおかつ、数々のユーザーからのリクエストを取り入れて、本当にかゆいとこに手が届くって感じの、これってあったらいいんだけど…って機能を、一挙に実装してきてるところですね。

ますます進化するiPhoneですが、これはまたさらなる快進撃にも期待できちゃうかもしれませんね。


Mark Wilson(原文/湯木進悟)


0901applestore.jpeg

 
【関連記事】
iPhone 3.0 OS ガイド:これだけ覚えとけば大丈夫
iPhone 3.0がワイヤレスモデムとして正式対応?
iPhone OS 3.0はSpotlight内蔵
iPhone OS 3.0ではアプリ内で買い物ができる
iPhone3.0、ついにコピペに対応!
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加