ティーバッグが照明に変身しちゃうコンセプト:Lighting Bag

ティーバッグが照明に変身しちゃうコンセプト:Lighting Bag 1

        

韓国人デザイナーWonsik Chaeは、身近なものを使って新しい光の表現方法を考えたようです。

その身近なものっていうのは、ティーバック!中身は紅茶や緑茶の葉っぱの代わりにティーカップの中で化学反応を起こす蛍光分子が詰まっています。

使い方は、ティーバックで紅茶を入れる時と同じで、Lighting Bagをティーカップの中の液体につけて、ひもを上下にゆらしてティーバックの中の蛍光分子が溶け出した光るドリンクを作ります。 紅茶と同じで、何回もLighting Bagをポチャポチャ浸せばひたすほど、液体の色は濃くなって光は更に明るくなっていきます。

ほら、こんな風にパーティーを演出したら素敵ですよね。

  

ティーバッグが照明に変身しちゃうコンセプト:Lighting Bag 2

でも、参加者には事前に「これ飲めないよ」って教えておかなきゃダメですよ。それにしても、まだコンセプト段階なのが残念。

[Toxel]

Elaine Chow(原文/junjun)

【関連記事】

壁一面に咲く、LED製のタンポポ綿毛

見た人が思わず驚いてしまう「Liquid Lamp」

光る電球の奥から流れるサウンドに酔いしれる…次世代電球スピーカー「SoundBulb」

ジェントルマンのお部屋にシルクハット型の明かり

IKEAのおしゃれなソーラーライト