[PIE2009]アトム時代のふさわしい富士フイルムの3Dデジカメ

[PIE2009]アトム時代のふさわしい富士フイルムの3Dデジカメ 1

21世紀ですなあ。赤青フイルムをいれたメガネをかけなくてもOK。裸眼で立体でした。

2つのレンズ・CCDを搭載した3Dデジカメを展示している富士フイルムブース。早速プロトタイプをいじらせてもらいました。

解説員さんいわく「レイヤーが分かれるシーンだと立体感がよくわかります」。モデルさんに手を突き出してもらったのですが、なるほど液晶モニタに映し出された映像は背景・モデル&バイク・手といったように、ピント位置の違う複数のセルが重なっているような立体感。普通のデジカメでは到達できない世界でしたねー。

どうやら静止画よりも動画のほうが効果的のようです。水中を捉えたサンプルムービーは、波や水の質量まで伝わってくるかのよう。舞うように泳ぐ魚たちもおいしそう楽しそう。

3Dコンテンツ以外も面白い。同時にワイドとズームイン(テレ)のカットを撮影したり、同時にホワイトバランスや露出の違う写真を撮影したり、2つのレンズ・CCDの活用法が面白い。

秋ごろには商品化できるかも、とのことでした。待ちます! だってコレ、"画素数が多いから細部が綺麗"な従来のノリでは語れない面白さがありますよ! フィルム、高解像系一眼やトイデジとは違う写真の楽しさが味わえますよ!

[PIE2009]アトム時代のふさわしい富士フイルムの3Dデジカメ 2

[PIE2009]アトム時代のふさわしい富士フイルムの3Dデジカメ 3

フォト イメージング エキスポ 2009

(武者良太)

【関連記事】

[PIE2009]触ってきましたDSC-HX1

[PIE2009]かわいい動きのオートマチックフォトグラファー

[PIE2009]EOS Kiss X3にさわってきたよ

[PIE2009]LUMIX DMC-GH1をレポートさせていただきます

[PIE2009]2000万画素時代をサポートするA3フォトプリンタ

[PIE2009]バズーカにしか見えないカメラ

[PIE2009]iPhone、DSiにも使えるコンバージョンレンズ

[PIE2009]世界おもしろ・びっくりカメラ博セレクション

[PIE2009]すごい高いところからストロボを当てているカメラマン

■フォト イメージング エキスポ 2009に関する最新の記事一覧