[PMA]3700万画素プロ用カメラと戦車の交配種「Leica S2」に触る

[PMA]3700万画素プロ用カメラと戦車の交配種「Leica S2」に触る 1

3700万画素の重戦車スパルタン!

ライカの超ハイエンドなデジタル一眼レフ「S2」のプロトタイプに触ってきましたよ。

[PMA]3700万画素プロ用カメラと戦車の交配種「Leica S2」に触る 2

[PMA]3700万画素プロ用カメラと戦車の交配種「Leica S2」に触る 3

[PMA]3700万画素プロ用カメラと戦車の交配種「Leica S2」に触る 4

[PMA]3700万画素プロ用カメラと戦車の交配種「Leica S2」に触る 5

重…まるで戦争の装備のよう。空爆受けてもビクともしないような、どっしりとしたビルドです。これでもキヤノンのプロ用カメラ「EOS-1Ds Mark III」よりは軽量なはずなんだけどなぁ…。

撮像素子は厳密にはミディアムフォーマットじゃないんですが、そのレンジに入ります。―1DやニコンD3のような35mm判フルフォーマットのプロ用カメラより、ずっと大きいし。巨大なセンサーとメガピクセルが必要なスタジオ撮影のプロにはピッタリですね。値段もプロじゃなきゃ手が届かない高さ。

僕が気に入ったのはインターフェイスとデザインでしょうか。他のカメラに比べると背面はスカスカで、ダイヤルとスイッチ、四分円のメニューシステムのボタンが4つあるだけ。各ボタンから1個1個のセクションに入って設定を調整できます。

もうひとついいなーと思ったタッチは、フォーカス設定です。オートフォーカスはシャッター半押しでいつも通りできますし、マニュアル切り換えはトグルをスライドしなくても、フォーカスリングを回すだけでOKなんですよね。

プロの写真家とお近くのスーパーリッチなガイ目がけて今夏遅くデビュー。価格は昨秋正式発表の段階ではボディだけで300万円前後とか。ウィンドウショッピングだけでも楽しいですよね、ね?

関連:国内発表会-ImpressRLFC 撮影後記

[編集部より] 「PMA」は未来のカメラが一堂に集まる毎年恒例のカメラショーです。現地レポートお楽しみに!

matt buchanan(原文/訳:satomi)

【関連記事】

[PMA]ソニーの高速連写×超ズーム機「HX1」はものすごく速く沢山撮れる!

[PMA]計器メーターがついてるサムスンOLED液晶搭載コンパクトデジカメ「TL320」

[PMA]ペンタックス初の高倍率ズームモデル「X70」をPMAでお披露目

PMA 07報告:MinoxライカM3のレプリカに最新版登場

PMA2009に関する記事一覧