MITが作ったUFOそっくりなソーラーカー

MITが作ったUFOそっくりなソーラーカー 1
画像をクリック後で拡大

ソーラーカー、まだ実用化まではいかないのでしょうが、着実に進んでいますね。

このUFOみたいな形をした乗り物は、MITの学生たち「Solar Electric Vehicle Team」が作ったソーラーカー「Eleanor」。表面はソーラーパネルで覆われています。最高時速はなんと144km。一度のチャージでボストンからニューヨークまで時速88kmで走れるそうです。

気になるお値段24万3000ドル。うぐにでもハイブリッドカーに応用できる最新技術がギッチリと詰まっているんだそうです。

なお、このEleanorは、今月行われる3輪電気自動車のレース「World Solar Challenge」に出場予定。オーストラリアの大地約3200kmを7日間かけて走り、バッテリー、モーター、パワーマネジメントの技術を競うのだそうです。

キラキラしてるんだろうなあ。上から見てみたいですね。

Wired

Jack Loftus(MAKI/いちる)

【関連記事】

ソーラーカー、UFOと間違えられ警察に睨まれる

限りなく太陽光で走り続ける、究極の孔雀ソーラーカーが登場

第20回パナソニック主催ソーラーカーレース注目の車たち

これどうやって充電するよ…な、中国らしいソーラー軽自動車が格安発売

賞を独り占めしたソーラーシステム「Nanosolar PowerSheets」