鱈のお腹の中から帰って来た携帯電話

鱈のお腹の中から帰って来た携帯電話 1

Andrew Cheatleさんは、ボートの上で愕然としていました。だって、大切な携帯電話を海に落としてしまったんですから。もう二度と彼の携帯に出会えることはないと、諦めていました。

そんな悲しい日から1週間が経ったある日、彼の古い電話からガールフレンドの携帯電話に連絡があったんです!

なんと、重さ25ポンドのがAndrewさんの携帯を食べちゃってたんですって! そして偶然は重なるもので、その鱈は漁師さんに捕らえられ、鱈のお腹から携帯を見つけた漁師さんはSIMカードを引き抜き、違う携帯に差し込んで彼のガールフレンドに電話をかけてくれました。

ついに古い携帯はAndrewさんの手に帰ってきました。しかも、乾燥させたらちゃんと使えたというんですから、凄いですよね。

んー。でもぉ、一週間も鱈のお腹の中にあったのに使えるなんて、ちょっと嘘っぽい香りも…。本当ならスゴイですね。ちなみに携帯はNokiaだったみたいですよ。

The Sun via The Daily What

Adam Frucci(原文/junjun)

【関連記事】

携帯電話は体に付けない方がバッテリー長持ち

パキスタンの囚人、直腸内に携帯電話を隠す

インターネット事件簿 : iPhone泥棒が記録的な早さで捕まる

よりAV男優風になって帰ってきた、USB腰振り犬

帰ってきたブーメラン・ブーメラン