おっとっとっと。巨大な小惑星が地球にニアミスってたみたいです

おっとっとっと。巨大な小惑星が地球にニアミスってたみたいです 1

もう、ご存知かもしれませんが、幅30~50mという巨大な小惑星が、月よりも7倍ぐらい近い距離、地球の横を通り過ぎていきました。

その、あまりにも眩い光は地球からアマチュア望遠鏡で空を見上げると、ちゃんと観測できるぐらいだったそうです。今回はたまたま「天体好きな人が観測できる」楽しい平和なイベントになりましたが、もし、海にヒットしてたら!? ものすごい津波が起きていたに違いありません。想像するだけで恐ろしいですね。

 

おっとっとっと。巨大な小惑星が地球にニアミスってたみたいです 2

Sydney Morning Herald紙によると、もし、この小惑星が地球の人口密度の高い都市に向かって飛んできたら、避難するのにたったの24時間しか時間が無かったという計算になるそうです。ぜんぜん時間が足りませんよ!!!

また、Sky and Telescopeによると、彼らの静止軌道衛星の高度のわずか2倍だったそうですから、相当なニアミスだったんですね。

おっとっとっと。巨大な小惑星が地球にニアミスってたみたいです 3

きっと1972年の日中に観測された、この火の玉みたいなかんじだったんじゃないかな?

SMH and Nasa - Image credit to the original artist, Discovery News

Jason Chen(原文/junjun)

【関連記事】

邪神アポフィスが2029年米西海岸を襲う?(HD動画) : Gizmodo Japan ...

ドイツの少年がNASAの計算間違いを指摘、議論を呼ぶ

人類は世界破滅の最後の瞬間まで携帯で撮り続けるだろう(動画あり)

ミチオ・カク教授が説く、星雲からエネルギーを得る不死身の高度生命体とは?

宇宙の始まりに迫る宇宙望遠鏡