水道の蛇口をひねるとウォッカが?

Engineering: 1.2-Mile Vodka Pipeline Built Between Russia and Estonia

国境線を越える、2km弱ものパイプラインを作ったのは誰でしょう? 希代のギャング、アルカポネがロシア人だったら、これは彼のしわざかもしれないですねー。

このロシアとエストニアを結ぶパイプラインは、なんとロシアとエストニアのギャングがウォッカを密輸するために建設したもので、すでに6200リットル、ウォッカ1万本近くも密輸していました。

これだけのパイプラインを作っても見返りがあるのは、ロシアではウォッカがとても安いから。ギャングは隣国エストニアとの関税率に目をつけたようです。

しかし、水道の蛇口をひねると、産地直送のドリンクが出てくるというのは妄想としては楽しいですね。蛇口をひねると、ドイツのビールが出てきたり、愛媛のミカンジュースが出てくるというのは、なんとも楽しげです。でも、妄想だけで楽しむ方が平和でいいですね。

[Daily Telegraph]

Jesus Diaz(原文/聖幸)

【関連記事】

子供達が遊びながら水を汲めるポンプ

40万個の黒いボールを貯水池に浮かべ、ロサンジェルスの住人をガンから守る

蛇口をひねれない! キーパッドのみで操作する、お洒落な水道デザイン

手を動かすことで水の温度が変わる隠れた蛇口(動画あり)

NY地下213mのダイバーたち