MS Officeを0.5秒で起動する化け物マシン(動画)

MS Officeの主要6製品が同時に0.5秒で開いてます。

サムスンが自社のSSDを宣伝するために作った動画なのですが、すごいです。パソコンを見る目が根底から変わっちゃうかもしれません。

この動画の中でサムスンの技術者がやっているのは、同社の256GB SSDドライブ24個接続しRAIDにして動かした場合の速度テストです。

このシステムはデータ転送速度が2GB/秒を実現。で、具体的に示すためにいろいろやってくれているのですが…

  • MS Officeの主要製品(エクセル、ワード、アウトルック、アクセス、パワーポイント、パブリッシャー)を同時に0.5秒で起動
  • 53個のプログラムが18秒で起動
  • システムの完全デフラグ3秒で完了
  • 700MBのDVDのリッピングが0.8秒で終了

などなど、驚きの結果が次々と出るわ出るわ。

基本的な認識としてハードドライブというものがコンピュータ内の他の構成要素の足をひっぱり、日々の動作を遅くしているということはわかっていたのですが…それにしてもこんなに変わるとは思いませんでした。

まあ現状では、こんな環境をそろえるのは事実上不可能なのですが、ほら、技術の進歩の速さはすごいですからねー。

Mark Wilson(MAKI/いちる)

【関連記事】

IBM「Sequoia」は世界最速のスパコン500台合わせたよりまだ速い

大人も満足するよ「ガチャピン&ムック」のネットブック

Leopardが走る「VAIO type P」に挑戦! ポケットにMac OS Xの前途多難…

子供による「I'm a PC」第3弾はあんま可愛くない?(動画)

VMWare Fusion vs. Parallels、どっちが速い?