こんな貨物コンテナー・ハウスなら、いつの日か住んでみたい!

こんな貨物コンテナー・ハウスなら、いつの日か住んでみたい! 1

Adam Kalkinといえば、去年Illyのために貨物コンテナーをコーヒーショップに変身させて以来、貨物コンテナーを素敵な生活空間にしてしまうデザイナーとして有名になりました。

ということもあってか、Fast CompanyではKalkinのデザインしたコンテナー・ハウス達を特集しているので、みなさんにもご紹介したいと思います。

貨物コンテナーというと、細長くて住むには狭そうじゃない?と思いますよね?ご安心ください。Kalkinのプレハブ住宅は、貨物コンテナーを1つ使うデザインから6つ12など、用途やニーズに合わせて変えることができるようです。

Kalkinのデザインしたコンテナー・ハウスは、とってもシンプルなものから、凝ったつくりのものなど、いろいろあるんですよ。こんな風に。

  

こんな貨物コンテナー・ハウスなら、いつの日か住んでみたい! 2

こんな貨物コンテナー・ハウスなら、いつの日か住んでみたい! 3

こんな貨物コンテナー・ハウスなら、いつの日か住んでみたい! 4

広大な自然が広がる場所に、こんなセカンドハウスがもてたらステキだろうなぁ~。で、気になるお値段ですが、一番お安いのは貨物コンテナーを1つ使ったものでも5万ドルだそうです。あーあ。

[Fast Company]

Adrian Covert(原文/junjun)

【関連記事】

ドームハウス:食べられませんがエコです

UFOハウスよりジェットハウス!

ハウスクリーニング最高の仕上げに、セクシーな舌使い!?(動画)

高さ2.5kmのビル(当然ドバイ)

紙でできた家、約44万円也