先生は、ターミネーター!?

Robot Teachers: Japanese Elementary School Kids Now Being Taught by Saya the Robot

写真はどこにでもある日本の小学校の平凡なひとコマに見えますが…。

よーく見ると、どこかに違和感が…

教壇に立つ先生の顔が、妙に涼しげである事にお気づきでしょうか?

なんと、実はこの先生はロボットなんですよ!

 このロボット先生の名前はサヤ。サヤ先生は、顔の皮膚はラテックスで作られていて、顔の下に隠された18台のモーターで怒ったり微笑んだりという表情も表現できるんですよー。サヤ先生は色々な言語を操り、もちろん出席だってきちんと取る事ができます。

サヤ先生は東京理科大学の小林宏教授が15年かけて開発しました。日本では、少子高齢化が進んでいますが、サヤ先生のようなロボットは、労働力不足にも威力を発揮すると期待されています。

ロボットが先生になる事について、いささか抵抗を感じるのは、私の頭が固いんですかねー。しかし、サヤ先生には、えこひいきをしたりヒステリーを起こしたりする事はないというメリットもあります。

少子化が進むと、今度は生徒の方もロボットにして、人数を確保するという時代も来るかもしれません。先生生徒双方がロボットで意味があるかは微妙ですが…

[Telegraph]

Elaine Chow(原文/聖幸)

【関連記事】

『ターミネーター4』のマック・G監督とロボット工学・山海教授のスペシャル対談に潜入(動画あり)

お姫さま抱っこができるリアルな女性型ロボット

怖い妄想を掻き立てるロボ5種

4脚ロボットBigDogが戦争の顔を変える!?(動画)

カスタマーサポート女性、運命の恋のアプローチにロボットの正体を告白