世界一浮く素材、中国が開発

世界一浮く素材、中国が開発 1

アメンボなんかの虫が水に浮かぶのは、足が「超疎水性(superhydrophobic)」だから。

そこで中国の研究者たちが、あれに似た特性を備えた塗料を銅網の小舟に塗って水に浮かべたところ、いきなり耐久重量が3倍になったそうです。

この超疎水性コーティングのことを科学者たちは「cooperative effect of hierarchical micro/nanostructures and a low-surface-energy wax coating(階層的マイクロ/ナノ構造と低表面エネルギーのワックスコーティングとの共同的効果)」と呼んでいます。

これを塗るとボート(アメンボの足に相当)の周りに空気のクッションができて、文字通り宙に浮くというわけですね。水がいくら触れようとしても、本体と水の間に目に見えない泡が生まれるので、触れられない。

以下が水に浮かべたシーンの写真です。

 

ちょっと気味悪いのは、水は寄せつけないくせに、エタノールやアセトンみたいなオーガニックな液体に触れるとたちまち撃沈すること…。

これだけ浮力に優れたコーティングが見つかったとなると、いろいろ応用も考えられそうですよね。研究者たちは、「かつてない超浮力を備えた、抵抗の少ない水中デバイスが実現できるのではないか」と予想を立てています。巨大クルーザー、水着、救命用具…あとはなんだろう…。もっと浮力を強化したら、世界各地で水上を歩くキリスト続出かも!

[American Chemical Society - Thanks Michael!]

Wilson Rothman(原文/訳:satomi)

【関連記事】

中国のNerf工場で暴動発生、Nerfスポンジガン使用は「ナシ」

中国の世界1高い橋、驚愕の建設プロセスを大公開!

危険大好き!? 中国のパフォーマンス・アーティストLi Weiさん

iPhoneを中国で撃破! レノボのAndroidケータイ「OPhone」の貴重な写真集公開

中国で進むスケスケ都市計画