自宅の屋根の上に巨大な珍棒イラストを描く

自宅の屋根の上に巨大な珍棒イラストを描く 1

Googleサテライトが出てきてからというもの、ナスカの地上絵やミステリーサークルを描いた人たちの気持ちがとてもよくわかるようになったんですよね。

このすばらしいサービスに自らの痕跡を残してみたいというか。

自宅をキャンバスに、そのリビドーを開放してしまった男の子がいます。イギリスはハンガーフォードに住むローリーくんは、Googleサテライトにいつか掲載されることを期待して、自分の家の屋根に巨大なおちんちんを描いちゃったそうなのです。

残念なことにGoogleには載らなかったのですが、このちんこ画像付き邸宅は、12ヶ月後に、たまたま上空を飛んだヘリコプターのパイロットによって発見され、世界中に公開される羽目におちいりました。

ローリーくんのご両親、この事実を知ったときには、どれだけ脱力したでしょうね…

以下にモザイク抜きの写真を1枚とローリーくんの顔写真を掲載。

  

自宅の屋根の上に巨大な珍棒イラストを描く 2

自宅の屋根の上に巨大な珍棒イラストを描く 3

【画像】バカ息子、グーグルアース狙いで実家の屋根に巨大ちんこ図を描いちゃった・・・ [ザイーガ]

(いちる)

【関連記事】

全米に衝撃を与える「ねこにゃんぼぅ」

ひょっこり顔を出すだけにしておいてほしい入れ物

オーディオ、ガジェット業界からオカルトが駆逐されるかも(動画)

鳩時計の鳩もデザイナーズマンション!? にお引越し

実用的だけど醜い街 を 非論理的だけど美しいユートピアへ!