未成年が自分のヌード写真をメールするのは、米国では違法の可能性

アメリカってどんな角度から見てもマジで半端ないと思いました。

ニューヨーク・タイムズ誌によると、アメリカの10代の20%、つまり5人に1人は、自分のヌードまたはセミヌード写真をメールしたりオンラインに載せたりしているのだとか。しかも送り先の69%は恋人ですが、30%は恋人になりたい人に送るのだとか。

そしてややこしいことに、これは米国の連邦法や多くの州の州法では、児童ポルノ処罰法対象となるそうです。たとえ自分のヌードであっても、児童ポルノ処罰法には未成年者を処罰対象から外すという規定は特にないために、違法になってしまうとのこと。

サイバー犯罪に関わっていた検事、マーク・ラッシュはこう警鐘を鳴らしています。

「想像してみてください。2009年に自分のヌード写真を撮った未成年者が、2069年に、70歳で児童ポルノ犯罪者扱いされてしまうのです」

ものすごくどっちもどっちな気がするのですが、この変化に社会はどう対応していくんでしょうねえ。

[NYT]

Brian Lam(いちる)

【関連記事】

スーパーボウル生中継ポルノ乱入事件、原因はいまだ不明

Wiiはポルノ映像ポータルだとキリスト教系サイトが警告

こっそり教会でポルノ閲覧…で、教会のネットワークを麻痺させた司祭が職務追放(職場閲覧注意)

iPhone 3Gで本格ポルノ体験できるサイト「iRoticNet.com」

アダルト版YouTubeにも捜査の魔の手…著作権侵害ポルノに損害賠償!