オリンパスがデジタル一眼レフの新機種「E-450」を発表

オリンパスがデジタル一眼レフの新機種「E-450」を発表 1

PIEが終わって一息ついてたらいきなりですか。

オリンパスがデジタル一眼レフの新機種「E-450」を発表しました。

現時点ではヨーロッパで5月に発売される予定。日本での発売は未定のようです。

オリンパスがデジタル一眼レフの新機種「E-450」を発表 2

主なスペックは以下の通り。

撮像素子:4/3型Live MOSセンサー 有効画素数1000万画素

背面液晶:2.7型23万ドット

光学ファインダー:視野率95%、倍率約0.92倍

ほとんどE-420と同じスペックですね。ボディ内手ぶれ補正も非搭載です。背面液晶は固定式で動きません。

じゃあ、E-420と何が違うのかというと、画像処理エンジンが「TruePic III+」になり、「アートフィルター」が搭載されたところです。

搭載されているのは、ポップアートソフトフォーカストイフォト(海外仕様ではPin Hole)の3種類です。

う~ん、これ日本で発売しますかね…。日本ではE-420の後継機には「本体サイズ重量は据え置きで手ぶれ補正を入れてくれ!」という声が多いですからね。もしかしたら、E-400のように日本では発売されないモデルになるかもしれませんね。

E-450[オリンパス]

(三浦一紀)

【関連記事】

[PIE2009]オリンパスの特別仕様のカメラ

オリンパスから小型軽量デジタル一眼レフ「E-420」とパンケーキレンズが登場

噂のオリンパスデジタル一眼レフ中級機「E-30」発表!

DpreviewのPMAレポート写真はすべて「オリンパス E-620」(しかもISO1600)

オリンパスのデジタル一眼レフ「E-3」が宇宙へ旅立つ!