iPhoneがMacに! ケーブルレスで、リアルにスクリーンへ登場

iPhoneがMacに! ケーブルレスで、リアルにスクリーンへ登場 1

リアルタイムにMacの大画面で見せれるようになりました…

iPhoneとテレビをケーブルでつなぎ、iPhoneと同じ画面をテレビに映し出せる「ScreenSplitr」なんてアプリケーションが出てたんですけど、いきなりパワーアップしてくれましたよ。同じ開発元のPlutinosoftからリリースされた「DemoGod」を用いると、いちいちケーブルで接続しなくっても、Mac OS Xが入ったパソコン画面に、まるでiPhoneが本当に埋め込まれたかのごとくリアルに映し出せるんだそうです。

MacでDemoGodを起動すれば、Wi-Fiを利用して、周囲にあるiPhoneの自動検索がスタート。ちょうどScreenSplitrがインストールされているiPhoneが検知されれば、Macのスクリーン上で、VNCにより、接続が確立されますよ。あとは、SMSからメール、スライドショー、動画、Officeドキュメントに至るまで、どんどんiPhoneで表示させちゃえば、「iPhoney」シミュレーションアプリを駆使した、iPhoneそのままのインターフェースで、次々とワイヤレスにMacの画面へ転送表示されていきます。クルッとiPhoneを横に倒して、ランドスケープモードにすると、Macの上のiPhone画面も、リアルタイムに横長表示に変換! また元の縦長ポートレートモードへの復帰もスムーズで、かなりよくできてますね。

ScreenSplitr、DemoGodともに、すべて無料でダウンロード可能なアプリなんですけど、Jailbreakで脱獄済みじゃないと使えないのが残念ですよね。「iPhone 3.0」では、普通に使えるようになってくれるといいんだけどなぁ。ついでに、スクリーンにリアルに浮かび上がったiPhoneを、そのままMacからサクサクと操作できるようになっちゃったら、もう最高でしょうね…

[Ars Technica]

Dan Nosowitz(原文/湯木進悟)

【関連記事】

盗まれた瞬間、自動で110番通報しちゃうiPhoneを、アップル自ら開発中

iPhone 3.0ベータ版から、ビデオ録画UI出土

タッピング好きにオススメするiPhone版「Myst」(動画あり)

NIN、他のバンドにiPhoneアプリの手本示す(動画)

「iPhone 3.0」にムービー編集機能! 撮影動画のトリミング編集が可能に