ザボス医師、クローン人間造成を(また)宣言

    ザボス医師、クローン人間造成を(また)宣言 1

    この写真は、米国で10歳のとき交通事故で亡くなったキャディー(Cady)ちゃんの赤ちゃんの頃のもの。ママは冷凍保存した血液をパナイオティス・ザボス(Panayiotis Zavos)博士に送り、博士はこれを牛の卵子に融合させ、人間と牛を交配したクローンを造成しました。

    その博士が21日(英時間)、100%ヒトのクローン胚を14個生成し、うち11個を女性4人の子宮に移植したと発表しました。

    移植手術に立ち会ったドキュメンタリー監督が英インディペンデント紙に語った証言によると、女性たちはみな人類初のクローンベイビー出産を望む人たちだったそうです。

    米ディスカバリーが今夜放映予定という特集予告編の動画もどうぞ。移植前のクローン胚が3つ映ってますよ。;

    子宮提供者は既婚3名に未婚1名。イギリス、アメリカ、そして中東の出身です。もちろんヒト・クローンは英米はもちろん多くの国の法律で禁じられているので、博士(米国に帰化)は米国内2つのクリニック以外にも秘密のラボを構え(おそらくクローンが違法化されてない中東)、移植はそちらで行ってます。

    移植した胚はどれも妊娠には至らなかったんですが、博士は親の皮膚細胞からクローンベイビーを生成する研究の“第1章”に過ぎないとし、こう語ってます。

    「研究を強化すればあと1年か2年で実現できるが、そこまで強化できるかどうか分からない。クローンベイビーをこの世に送り出す面では特にプレッシャーはない。プレッシャーなのは健康なクローンベイビーをこの世に送り出すこと」

    読みようによっては、かなり不気味という気が…。

    博士は2001年にも2002年にも2004年にも「年内にクローン胚で妊娠に漕ぎ着ける」と宣言し、それっきりだったような…いつまで漕ぎ続けるものやら…。

    冒頭のキャディーちゃんに話を戻すと、ハイブリッド種は試験管で生成後、クローン生成プロセスの研究に役立てました。ママはクローンが生成できる可能性があるなら人間の子宮に移植も許可すると言ってるんですけど、さすがのザボス博士も動物交配種のクローンは絶対移植しないと話してます。

    ただし冷凍したハイブリッド胚からキャディーちゃんの“胚”を将来取り出し、細胞核を取り除いた人間の卵子と掛け合わることは可能です。このダブル・クローニングのプロセスを踏めばヒト胚を作り、子宮に移植し、キャディーちゃんのクローンをつくることも可能だとザボス医師は語ってます。

    [The Independent]

    Mark Wilson(原文/訳:satomi)

    【関連記事】

    『スター・ウォーズ』銀河系全図の高解像度画像

    「クローン戦争」レゴセット発売(動画あり)

    PS3もWiiリモコンのクローン作ってる? 

    PsystarのMacクローンを買ってはいけない7つの理由

    『ターミネーター4』のマック・G監督とロボット工学・山海教授のスペシャル対談に潜入(動画あり)