これは現実? 変化する建物(動画)

目を疑うとはこのことです! 目を奪われるとはこのことです!

目だけじゃなくって、あいた口もあきっぱです。

とにかくこのビデオを見てください。

これ、アニメーションじゃないんです。現実なんです

建物の壁のブロックが移動したりデコボコしたりしてるようにみえますよね。

これいたって普通の建物に、とっても高度にマッピングされた7つのHDプロジェクターを使ってイメージを映してるんです。

 このビデオは、Obscura Digital社の独自のソフトウェアを使って巨大なHDライトをコントロールし、2万画素のイメージを建物全体にイメージを映しだしています。

こんなにスムーズに見えるのは、このソフトウェアが建物を形や距離、イメージの明るさ、回転方向、動き、その他いろいろ必要な情報を計算しているからなんです。

普通こんな大掛かりなことやろうとすると準備に何ヶ月か要するものなんですけど、このソフトウェアはその点でもおりこうさんで、様々な用途に対応可能なのでなんとたったの数日で完成してしまったそうです。

トップの映像はマカフィー社のプロモーション企画。

下の2つはニューヨークでのiGoogleプロモーション(プロジェクターの数は20台)と、YouTube Symphony Orchestraのビデオです。

とりあえずプロモーションの話や難しい技術のことはおいておきまして、この映像どうですか?

現実なのに非現実的。相当かっこいいよ!

3Dグラフィックを使ってアニメーションをより現実的にしてきましたけど、これはその真逆。

3Dグラフィックで、現実世界がなんかゲームみたいです。このビデオみてると、ちょっとリアリティが遠くなります。

夢だけどー、夢じゃなかったー! って気分です。

[Obscura via Fast Company]

Brian Lam(原文/そうこ)

【関連記事】

近未来建築「中銀カプセルタワー」に未来はあるのか

建築家が家主に内緒で仕掛けたNY5番街のカラクリ屋敷

超巨大な橋の建築によってパレスチナ・イスラエル問題を解決できないか、という提案

遊び心いっぱいな建築とか船とか飛行機とか

折りたたんで間仕切りに使える「建築家具」