ウェブカメラで留守中に押し入った強盗をキャッチ! SWAT隊員が急行して逮捕までの一部始終(動画あり)

ウェブカメラで留守中に押し入った強盗をキャッチ! SWAT隊員が急行して逮捕までの一部始終(動画あり) 1

テレビドラマみたいだけど本当の事件ですよ。

以前に留守中に泥棒に入られて痛い目に遭った、米国はフロリダ州ボイントンビーチに在住のジーン・トーマスさんが、ちょっとでも防犯対策にと、安価な「WiLife」ウェブカメラシステムを導入。外からでもインターネットでログオンし、いつでも家の中の様子をチェックできるというサービスに契約したんですが、でも、しばらく使って、もう飽きてしまい、何カ月も見てなかったんだそうです。

「ただ、どういうわけか、あの日は無性に気持ちが落ち着かず、本当に忘れていたといってもいいくらいのウェブカメラへ、久しぶりにオフィスからアクセスしてみたんですよ。そしたらね、なななんと、偶然まさにその時、見たこともない男が何人も、私の部屋を物色中、拳銃を構えてウロウロしてるのが映ってるんですから、もう驚いたったらありゃしない!」

  

すぐさま110番通報(米国なんで911ですね…)したところ、さすがは米国ですよね。わずか3分18台ものパトカーS.W.A.T.(警察特殊部隊)までが、ジーンさんの自宅を取り囲むように集結。で、また、このウェブカメラでは、もっとびっくりしちゃっただろう強盗たちのうろたえる様子の一部始終が、ライブ中継されてしまったというウソのような本当の話でございます。

彼女の家に押し入った強盗は、その場で即お縄ちょうだいになりましたとさ。めでたし、めでたし…

ちなみに、事件直後のジーンさんの感想は、「ウェブカメラから見える愛犬の震え様が、かわいそうで仕方なかったの」だったんだとか。そのワンちゃん、まったく番犬としての役目は果たしてなかったってことね…。

[CBS]

Wilson Rothman(原文/湯木進悟)

【関連記事】

SMAP草彅剛逮捕で地デジのCMが打ち切り

米ヤフーのエンジニアは7つの画面を使い分けている

中国の新型ミサイルは「米国の超大型空母も1回の攻撃で破壊できる」

すべてのガジェットが用をなさない時、最後に輝いたのはパンティーだった!(北極より)

ギズモード・ジャパンの誕生秘話が読める本!?