1枚で12TBも記録可能な世界最大容量のDVDディスク誕生!

1枚で12TBも記録可能な世界最大容量のDVDディスク誕生! 1

だれでも普通にDVD-R感覚で使えるようになるみたい...

写真に動画に音楽に、もう毎日のように次から次へとデータが増えてきては、HDDの空き容量が減ってくるわ、データを焼いてHDDから消していこうにも、今度はどんどんとメディアもかさんでくるわで、まさに悲鳴を上げんばかりの状態の人って、けっこう多いんじゃないでしょうかねぇ?

でも、そんなあなたに朗報ですよ。なんてったって、これからは1枚のDVD-Rディスクさえあれば、一気に12TB(テラバイト)までデータ保存できちゃうんですから! ではでは、ちょこっと複雑ですけど、続きにて、この革新的な研究技術の詳細に迫ってみようと思います。

 オーストラリアの研究者チームが開発に成功したという、新たなマルチレイヤー(多層)構造のDVDディスクには、なななんと1立方センチメートル当たり1.1TBという超大容量データを記録可能なんです! これがどれだけスゴいかっていうと、現在の一般的なDVDディスクの記録容量は、1立方センチメートル当たり、各層で51MBくらいに過ぎないとのことで、もうまったく比較にならないレベルの超大容量化になっているのが分かると思います。新開発のDVDディスクで、もし最高10層に及ぶマルチレイヤー構造が実現すれば、たった1枚のDVDディスクに、実に12TBものデータを保存することだって可能なんだとか。

どうやらこの新技術には、特定のスペクトルや偏光のレーザーにのみ反応する電子が含まれた、ゴールド製のナノ粒子を多用することで、同じエリアにでも、複数の異なる種類のデータを多層構造で記録できてしまう仕組みなどが関係しているようですね。レーザー反応を変えさえすれば、同じエリアに保存されていても、スムーズに別のデータを読み出せるようになるため、理論的には次々とマルチレイヤー化を進めることが可能。これにより、ホログラフィック技術を駆使したDVD大容量化プロジェクトをも上回る、驚異的な記録容量アップも夢ではないんだそうです。

あくまでも現在は実験が成功しただけの段階で、特殊な書き込みおよび読み出しシステムなどが要求されるため、まだまだ製品化には程遠いとのことですが、将来的には、DVD-Rのような、1度だけ大切なデータを書き込んでおいて、半永久的に保存可能なメディアとして、ごく一般的に使える技術にまで持っていくビジョンで、着々と計画が進んでいますよ。ちなみに難点としては、この研究技術だと、DVD-RWのような、何度でもデータの書き込みを繰り返せるような仕組みのメディアを作成するのは難しいようですね。まぁ、1枚のDVDディスクだけで12TBも書き込めるんだったら、そこまで望む必要はないのかもしれませんけど...

どれくらいの値段で利用できるようになるのかなど、まだ気になる点は多いですけど、これでもうHDDを続々と増設したり、部屋中がCD-RだのDVD-Rだので埋め尽くされたりする生活とも、きれいさっぱりお別れできそうですよね。求む、早期の低価格実用化というところでしょうか。

[Ars Technica]

Odelia Lee(原文/湯木進悟)

B001AOZ8W0
BUFFALO Link Station RAID機能 省エネ ネットワーク対応HDD2TB LS-WH2.0TGL/R1


【関連記事】

東芝、世界初の512GB SSD搭載ノート発売

「フラッシュメモリの容量はそろそろ限界の壁を打つ」

ついに出た! 32GBの大容量SDメモリカード

634gで4.5時間、758gで9時間も動くVAIO type P

Netafullmodo : 1テラバイトの低価格NASを購入してみた