東芝、世界初の512GB SSD搭載ノート発売

2009.05.14 13:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
090514dynabook.jpg


東芝は14日、世界初大容量512GBのSSD搭載ノート「dynabook SS RX2/WAJ」を発売しました。

何といっても特徴は512GBという大容量のSSDを搭載したこと。去年12月くらいに東芝から512GBのSSDの発表がありましたが、早速の製品化です。
本製品はSSD搭載したことにより消費電力が抑えられ、バッテリ駆動時間が最大12時間。液晶も12.1型を搭載し、モバイラーには嬉しい仕様になっています。

価格は39万8000円。販売はwebのみ。
256GBのSSDが平均10万円前後ですから512GBのSSD搭載でこの値段は安いんですかね。


Webオリジナルモデル dynabook SS RX2/WAJ [東芝ダイレクトPC]

(遠藤充)


TOSHIBA dynabook UX/23JBR ネットブックPC PAUX23JNLBR サテンブラウン
TOSHIBA dynabook UX/23JBR ネットブックPC PAUX23JNLBR サテンブラウン


remote-buy-jp2._V45733929.jpg


【関連記事】
512GBのSSD、東芝より発売
Macbook AirはSSD増設でも性能はほとんど変わらない
SSDをCFで構築しちゃうニッチだけど実用的なシリコンディスクビルダー
MS Officeを0.5秒で起動する化け物マシン(動画)
「ダビング10」対応予告がついた東芝の新型レコーダ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア