Appleのフォントで描いたジョブズ像

Appleのフォントで描いたジョブズ像 1

アーティストDylan Roscoverさんの秀作。

1970年代から使われてきたApple伝統のフォント(書体)を使って描いたスティーブ・ジョブズです。きれいですね。

でも一番の注目はなんと言っても中に織り込んだこのメッセージ(眼鏡で分かっちゃいますか…)。

  

クレージーな人たちへ

クレージーな人たちがいる。 反逆者、厄介者と呼ばれる人たち。四角い穴に,丸い杭を打ち込むように物事をまるで違う目で見る人たち。

彼らは規則を嫌う。彼らは現状を肯定しない。

彼らの言葉に心うたれる人がいる。反対する人も、賞賛する人も、けなす人もいる。しかし、彼らを無視することは誰にもできない。なぜなら、彼らは物事を変えるからだ。[...] 彼らは人間を前進させる。

クレージーと言われる人たちを、私たちは天才だと思う。

自分が世界を変えられると本気で信じる人たちこそが、本当に世界を変えているのだから。

全文はこちら

そうです、ジョブズ第2期の幕開けを告げたCM『Think Different』のコピーですね。初放映は1997年。CEO役で復帰したスティーブ・ジョブズ(まだ当時は暫定CEO)が製作を依頼したのは、あの著名なスーパーボウルCM『1984』を手がけた広告代理店TBWA/Chiat/Dayのクリエーターたちです。

あとひとつの注目点は使用されてるフォントですね。'70年代のApple IIのロゴに使用されたMotter Tekturaから今の製品に使われてるMyriadまで、間のApple GaramondUniversGill SansVolkswagen AGもみんな入ってます。

[Dylan Roscover via Walyou]関連:Appleフォント紹介-前編後編

Jesus Diaz(原文/訳:satomi)

B0002QNGSA
TrueType フォント ヒラギノ角ゴシック体 3/5/7 Ver4.1 for Windows


【関連記事】

ジョブズ、クリスマスイブに、DRMフリー化の交渉のため動く

MacBookのリンゴをかじる白雪姫

ゲイツ家はiPod&iPhone禁止

アップル発表会Who's Who?

ジョブズ、6月に復帰