僕が初めて買ったiPhoneアプリ、それが「FlipTime」

僕が初めて買ったiPhoneアプリ、それが「FlipTime」 1

シンプルだからこそやみつきになるものってあるんだよね。

Omletworksが開発したFlipTimeもその一つ。空港の(ちょっと旧式な)発着案内板をモチーフとしたシンプル時計とカレンダーのなiPhoneアプリだけど、その動きに病みつきになっちゃったよ。動きを見ているのも楽しいけど、実際の時計からサンプリングしたというサウンドも心地よい。

続きでサンプルの動画を。

 

この小気味良い動きとサウンドには脱帽だね。配色もシンプルだからこそ、飽きが来ない感じだし。

そして、このアプリは僕が初めて購入したiPhone アプリとなった。お値段は99セント(日本では105円)。

あー、何度見ても飽きないね。

僕が初めて買ったiPhoneアプリ、それが「FlipTime」 2

【 iTunes で「FlipTime」の詳細を見る 】

[omletworks via Soup]

matt buchanan(原文/聖幸)

【関連記事】

iPhoneがないと運転できない車、今秋に発売決定!

iPhoneのキーボード入力、ガチンコ対決でネットブックに勝利!(動画あり)

Twitterを使った36時間分のみんなの旅の軌跡

Canon一眼レフをリモート操作できるiPhoneアプリ「DSLR Remote」

次世代iPhone 3Gのパーツ、中国の卸売サイトに登場?