発売目前! Palm Pre完全ガイドとFAQ

発売目前! Palm Pre完全ガイドとFAQ 1

初代iPhone以来最も騒がれてる携帯「Palm Pre」が、いよいよ6月6日、米市場にて発売となります。これまで分かった情報を総括しておきましょう。

Palm Pre発売情報

いつ、どこで買える?

米国時間6月6日、契約電話会社Sprintのお店、Best Buy、Radio Shackにて発売となります。前日の5日、Sprint Premierカスタマーは特別パーティ参加可。

気になるお値段は?

Sprint のPRでは「199ドル」。これは2年契約がマストで、100ドルのメールインリベート(郵送による払い戻し)引き後の本体価格です。「面倒臭い」という声もありますが、Best BuyかRadio Shackで買うと買ったその場で払い戻ししてもらえますよ。契約抜きだと549ドルになるようです(Sprintの正式な数字ではありませんが)。

利用プランはEverything DataBusiness Essentials With Messaging and Dataで、どちらも月額70ドルから(Everything Plus referral plan加入者は月額60ドルから)。

野宿しないと買えない?

これは分からないですね。理由は2つ。第1に発売時の「在庫」が分からないんです。Sprint社CEOは「需要に見合うだけの在庫はとても用意できそうにない」と話してます。ハイプ煽る発言かもしれませんが、沢山は出ないようです。「発売当日Best Buyは1000店舗に4250台、つまり各ストア4台」という恐ろしい数値も囁かれましたし、「Best Buyは全体で3万~4万台で各店3000~4000台」という情報も。最近聞いた話では「大きな店舗は多くて15~20台、小さな店舗は7~10台」だし。

Radio Shackが「1万1000台」という情報は確かなので、全体で3万台未満というのは低過ぎます。両家電チェーンとも在庫は同等だろうし、Sprintもそれなりに確保すると思うので。Best BuyとSprintは「初っ端から全店行き渡るわけじゃない」という話も耳に入ってます。7月か8月には行き渡るんじゃないですかね...。

第2の不確定要素は「需要」。前評判通り売れるかどうか...うーん、こればかりは当日になってみないと分かりません!

Sprintに加入しないとPreは使えないの?

USA住んでる人は、そのようです。少なくとも年内いっぱいロックかかってますね。でも、PreのWeb OS搭載フォンが欲しいだけなら別にSprintじゃなくても使えます。Web OS搭載の携帯電話は他にも作るとPalmは発表しましたし、ちっちゃいWebOS携帯「Palm Eos」はではAT&Tから今秋99ドルの安値で発売らしいです(契約とリベート黒魔術後の本体価格です)。

******

仕様

• LinuxをベースにPalmが開発したWebOSオペレーティングシステムとUI

• 3.1インチ、320x480容量性LCDマルチタッチスクリーン

• 縦に引き出すフォームファクター、QWERTYフルキーボ

• 8GBフラッシュストレージ

• マルチタッチジェスチャー感知領域

• 3G EV-DO rev. A、 Wi-Fi(802.11b/g)

• Bluetooth 2.1 + EDR w/ A2DPステレオサポート、GPS

• 3.5mmヘッドフォン専用ジャック

• 3メガピクセルのカメラ

• LEDフラッシュ

• テキサスインスツルメンツRM-ベース(おそらく600MHz)

• マイクロUSB接続、大容量ストレージ対応

• 対応フォーマット: MP3、AAC、AAC+、AMR、QCELP、WAV、MPEG-4、H.263、H.264、GIF、JPEG、PNG BMP

• ワイヤレス誘導帯電チャージャー

• 重量4.8オンス(136g)

 

******

ハードウェア

革新的デザイン

Palm のスマートフォン「Pre」はQWERTYキーボードが珍しく縦配列になってます。Sony Ericssonの「Xperia X1」みたいにカーブしてスライドアウトする方式。これは他の製品にはない特徴を打ち出したいという気持ち、そして「片手で簡単に使える」という哲学を反映したものです。マルチタッチのスクリーン搭載で、キーボードをしまいこんでる時の制御部は、トップのボタン、サイドのボリュームロッカー、ボトムのクリッカブルボタンの3つだけ。 3.5mmのヘッドフォン専用ジャック、3MPカメラ(背面/LEDフラッシュ付き)もまとめて重量4.8オンス(136g)。表面積は iPhoneより小さいんですが、厚さはあります。--あのBB Bold(BlackBerry Bold)と比べても厚いです。

発売目前! Palm Pre完全ガイドとFAQ 2

ジェスチャー領域

スクリーン下の黒い帯、これがジェスチャー領域です。スクリーン同様、ここもマルチタッチ対応で、ジェスチャーでWebOSの様々な操作が可能。Palmの話では、タッチスクリーン本体に直接触るだけでは片手で操作が不便なこともあるので、こうしてジェスチャー領域を設けることで、もう片方の手を使わなくてもWebOSが操作できるようにしたそうです。

応用例としてPRしてるのが「wave dock」。これは黒いジェスチャー領域からスクリーン方向に指先でドラッグすると何時でも現れる波々のドックです。HOMEスクリーンにポップアップするんですが、なんかチョチョッと素早く変えたい時なんかは指で呼び出さない限り、出ません(Mac OSX Dockをやや彷彿とさせますね)。

TI社のOMAPチップ

テキサス・インスツルメンツのOMAP 3430チップはPreの黄金郷巡りには最適。ARMベースのCPUで、600MHzで動作し、グラフィックスアクセレレーション内蔵、複数(15~20個)のアプリを一度に動かしても大丈夫なぐらいパワフルです(バッテリー食わなきゃいいですね)。

発売目前! Palm Pre完全ガイドとFAQ 3

Touchstoneワイヤレスチャージャー

Touchstone はPalm Pre専用ワイヤレスチャージャーベース。ソニッケアとかOral-B歯ブラシの充電でお馴染み、磁気誘導型チャージャーのシステムを採用しています。通称「The Puck」(ホッケーのパックそっくりですからね)。Preの背中をチャージャーの平らな面に乗っけるだけで電気のジュースが給電できるんですよ。価格 70ドル。

******

ソフトウェア

発売目前! Palm Pre完全ガイドとFAQ 4

Cards

「Cards」は、フリックの特性を活かしたインターフェイス。スマートフォンのマルチタスキングもより簡単になります。この「Cards」がWebOSのインターフェイス最大の革新と言ってる人もいるぐらいです。各アプリはパネル...つまり"card"で表示され、そこで全関連情報が見れるんですね。カードの隣には、他の起動中のアプリのカードも並んでますから、好きなカードを次から次へとフリックしながら、楽曲を一時停止したり、新規メールを開いたりの操作ができます。本腰入れたい時は、カードをタップするとアプリ全体に入れるので、そこで作業すればOK。WebOSは沢山のアプリを一度に起動できるようデザインされているんし、Palm Preは沢山動かせるだけのパワーがあるんです。(画像ソース:Palm Goon

発売目前! Palm Pre完全ガイドとFAQ 5

Synergy

なにやら1990年代に流行った企業文化みたいな名前でアレですが、こう見えて「Synergy」は連絡先情報、カレンダー、メッセージングクライアント、検索機能をMENUシステムにシームレスに統合する、ナカナカすごい機能なんです。

Synergy はGmailやFacebook(+このSDKを活用した他のサイト)から連絡先情報を取り込んで、単一スクリーン上にすべて一括で見せ、電子的にその人に連絡が取れるあらゆる方法も表示してくれます。大体は自動処理ですが、万が一、WebOSがオンラインアカウント複数にまたがる同一人物の情報が同一と認識できない時は、手動でその連絡先の情報をひとつにまとめることもできます。

さらに嬉しいのは、テキスト送信、メール、IMなど、ある人とのやり取りが全部一つのチャット式スクリーンにまとめて表示されること。別々のアプリやサイトを回らなくても、一定期間内にその人と行ったやり取りは全部そこでチェックできるます。

発売目前! Palm Pre完全ガイドとFAQ 6

ユニバーサルサーチ

携帯内のコンテンツは全部検索できます。連絡先、昔のやり取り、予約、音声・動画ファイルなど、探したいものは何でも携帯から探し、単一スクリーン上に全検索結果を表示してくれます。探し物が携帯のローカルにない場合は、画面を1回か2回タップするだけでネットで同じ言葉をGoogleやWikipedia を通して検索にかけることができます。

発売目前! Palm Pre完全ガイドとFAQ 7

ノティフィケーション(通知機能)

Palm は、スマートフォンの機能の中でも特に扱いが難しいバックグラウンドのノティフィケーションの処理に注力しました。通知機能は作業の邪魔になってもいけないし、肝心の時に気づいてもらえなくてもいけない、その加減が難しさ。Palmのノティフィケーションシステムは画面の下半分にポップアップしますが、アプリのUIの方がそれに合わせて変わるので、どんな作業もそのまま続けて行うことができます。メッセージはそのうち嫌でも気づくんですが、イライラは断然減ります。

発売目前! Palm Pre完全ガイドとFAQ 8

マルチタッチブラウザ

WebOS のブラウザは、Mobile Safari以来初のマルチタッチジェスチャー対応です。iPhone搭載Mobile SafariとかAndroid携帯G1のブラウザと一緒でWebKitで開発されたものなので、iPhoneやG1と同じ高速で感度の良いパフォーマンスが期待できます。(画像ソース:Palm Goon

******

FAQ

GSMのPalm Preは出る?

はい。ただしUTMSで欧州限定で年内発売です。米国内で使えるGSMフォンも製造中かどうかは不明。

Palm Preのネット接続は何を使ってるの?

PreはWi-Fi(b/g)に加え、EVDO rev. A 対応のモバイルブロードバンドチップ(上り最大1Mbps平均)が入ってます。

一度満タンにするとバッテリーは何時間もつ?

Palmから正式発表はないのですが、Pre Centralでバッテリーの写真を見る限り、Centro(1150mAh-1350mAh)と同等と推測されます。

ギズのJohn Herrman記者が書いたように、Treo Proは1500mAhバッテリーで大体2日持ちます。iPhoneは1400mAhバッテリーで許容範囲なんだけどバッテリー切れが早過ぎることもある感じ。G1は1150mAhで、これはひどく足りないと感じてる人が多いんですね。

Palm広報はPalmInfoCentralに「1200mAh」の寿命になるだろう、と書いてます。実際使って何時間もつかは、プロセッサとOSの電気需要次第ですけどね。

バッテリーは取り外し可能?

はい。

トップのボタンは何のボタン?

一番上の専用ボタンはスライドして無音とノーマルのモード切り替えができるだけじゃなく、押して機内モードのオン/オフ切り替えもできます。

Preは縦横表示は自動切換え?

はい。ハイエンドのスマートフォンは今みんなそうですが、Preもかなり感度の良い加速度センサ内蔵で、縦に持ってるか横に持ってるかで表示を合わせてくれます。

Preは標準ヘッドフォン専用ジャックついてる?

はい。Preは上に標準の3.5mmのヘッドフォン専用ジャックがついてて、主なポータブルヘッドフォンは全部使えます。

Palm Preは拡張可能なストレージ?

いいえ。 購入時の8GBでずっと、です。

16GBや32GBのPreを出す話はPalmから何か出てます?

いいえ。

発売目前! Palm Pre完全ガイドとFAQ 9

前のPalm OS(別名Garnet)のアプリもWebOSで動く?

これは完璧に驚いちゃったんですが、はい、動きます。 Preは内蔵エミュレーターつき なので、昔のPalmアプリも動かせますよ。全部が全部100%完璧に動くとは期待しない方が良いと思いますけどね。

WebOSにはオンスクリーンのキーボードはありますか?

具体的回答は出てないんですが、僕らがこれまで見た限りは、ないようですね。Preはもうキーボードついちゃってますからね。WebOSには、将来の携帯に備えてソフトウェアキーボードの項目が入ってないわけないと思いますけど。

HTCはPalm Preのデザインや製造に関与した?

いいえ。Palm PreとWebOSは全部インハウスですし、開発に使ったのはPalm社員だけです。スタッフは初代Palm OSに関わった人もいるし、今回初めてプロジェクトに加わった人も。製造は、どこに組み立てを発注したかPalmは明らかにしてませんが、HTCでないことだけは確かだそうですよ。

Preはビデオ録画できる?

Palmによると、発売当初はビデオ録画機能抜き。将来は考えているそうです。

ビジュアルボイスメールは?

ありません

え? じゃあ、MMSは?

あります。

Pre/WebOSはFlashはサポートするの?

発売時にはたぶん対応してないと思いますが、Palmは年内にはFlashプレーヤーを出すと話してます。そしたらWebOSはウェブ閲覧が完璧になるだけじゃなく、スタンドアローンのFlashアプリも作れるようになります。

アプリは本当にバックグラウンドで動く?

はい。どのアプリもバックグラウンドで開いたままにしておくことができます。別のアプリに移ったり、HOMEスクリーンに戻っても、閉じたり眠ったりしないのが、iPhoneとの違いですね。iPhoneは目下のところアップルが作ったアプリしかバックグラウンド処理できないので。

一度に何個動かせる?

正式な数は発表されてませんが、15~20個のアプリを同時に動かせると想定して良い、というのがPalmの見解。

コピペは?

できます。Preはコピー&ペーストも普通にできます。

アプリ入手先はどこ? 値段は?

中央アプリストアで、Palm Preおよび今後発売になるWebOS携帯のアプリ配信は一括して行います。現状、価格設定は未発表ですが、無料アプリと安いアプリが両方出るのでは?

コンピュータでアプリはシンクできますか?

いいえ。アプリストアは全部WebOS内で動作します。

アプリ承認手続きはある?アップルみたいに審査は厳しい?

アプリ承認プロセスはWebOSアプリにもあります。が、Palmによると、アプリが何をするかはそれほど問題じゃなく、セキュリティ上問題はないか、安定性に支障を来たす恐れはないか、という点に審査の重点を置くそうです(他のモバイルOSストアとの比較はこちら)。

発売目前! Palm Pre完全ガイドとFAQ 10
※画像クリックで拡大します

SDKは誰でもオープンに使えるの?

はい。Palmでは、アプリを開発したい人は誰でもSDKが使えるようにしています。

アプリはiPhoneやAndroid並みにいい?

これはまだ議論の余地のあるところ。これまで入ってきた話を総合すると、PalmのSDKで開発者はウェブアプリとネイティブアプリの中間ぐらいの難易度のものが作れるようです。アプリは直接携帯電話にインストールできますが、iPhoneやAndroidの開発者ほどにはハードウェアへのアクセスはできません。

つまりどういうことか? YelpとかMintとかPandoraといったタイプのアプリはWebOSで動かしても他のモバイルOSで動かしたのと同じ機能・外観・動作になりますが、例えば動画やゲームなど情報を大量に使うアプリを作ろうと思うと、最適化と特別なハードウェアアクセスが必要なんですが、SDKを使うだけで開発上の問題にぶつかる恐れがある、ということです。 Palmでは、一部の選ばれた開発者とは連携して働き、彼らには携帯のもっと込み入った内容までアクセスできるようにする、と話してます(例:GPSアプリのTelenav)。

発売目前! Palm Pre完全ガイドとFAQ 11

アプリを詳しく見れる場所は?

Palm Goonに秀逸過ぎるスクリーンキャップとウォークスルーがありますよ{Google Mapsウェブブラウザタスクメモ専用アプリ}。ギズのハンズオンでもGoogle MapsとPandoraがご覧になれます。

PreはOutlookや他のデスクトッププログラムと同期できる?

特にシンクできるクライアントアプリは僕らの知る限り、ないです。 Preを大容量ストレージ端末としてPCに繋いで、楽曲・動画・写真なんかのメディアをそれ専用の既存フォルダにドラッグ&ドロップするとメディアプレーヤーで鑑賞はできますが。他のタイプのOutlookなどのシンクについてはどうなってるか分かりません。オンラインのバックアップ、リモートで"Palmプロフィール"をワイプスルーできるという話はに入ってますけどねー。

WebOSは軽量&ビューティフルなOS?

うーん、Palmは自社ソフトの話はあんましたがらないのですが、Mobile OS Xのことは油らっぱ飲みの肥満体のラード野郎だというような話をNewsweekにしてますよ。

******

CESで最初触ってみた印象

ハードのPreもソフトのWebOSもこれで最終版ではありません。全然。なので、ちょっと触ったぐらいで感想を言うのは難しいんですが、ユーザーエクスペリエンスの部門ではPalmはこの新型携帯でAppleと並ぶ、と思います。

スクリーンは感度も良く、指の位置を正確に把握します。何を触って、どう触るか、特に注意する必要もない感じ。アプリ管理で使うマルチタスキングのCardsも非常に直感的で、ズームイン、ズームアウト、カードの追加・削除・巡回も指先をフリックするだけでできます。WebOSのデスクトップはカードの周辺にフレームみたいに表示されるので、 沢山の情報をフリップして回っても、情報におぼれるような威圧感はないです。(Xbox 360の新しくなった"blades"のような感じ)。

画面下のジェスチャー領域は、スクリーンのUIとの連携も抜群です。ここからwave dockを立ち上げるのは何の問題もなくできました。

ハードは、質の高いビルドという印象です。プラスチックっぽいんですが、軽過ぎずチープ過ぎず。サイズ的にも片手操作にピッタリです。ヒンジのデザインもスムーズです。バネをつけたデザインの方が良かった気もしますが。ボタンはTreo Pro風...つまりハッとするほどでもない代わり邪魔にもならない感じですね。個人的には、あまりにも石ころみたいで丸すぎる気もしますが、ユーザビリティに関する限りこれでまったく問題なし、です。

******

歴史的背景

ビジネスユーザーにPDAを提供していた当時からPreで新路線を打ち出すまで、Palmの辿ってきた道のりは長いです。Pre/WebOS発表までの軌跡をソフトと端末、出来事で振り返ってみましょう。

Palm OS/Treo

Palm初の大型プラットフォーム「Palm OS」は、1996年PDAの「Pilot」ライン向けに開発されたOSです。 初期のPalm OS(1.x-4.x)リリースでは、スタイラスのタッチコントロールや手書き認識、グリッドをベースとするアプリのHOMEスクリーンなど、時代を先取りする機能を持つものでした(その後何年間も他のハンドヘルドのUIのデザイナーたちに応用された)。最終的には携帯ネット接続サポート、モバイルWebクリッピング、メール、USBサポートも追加しました。

Handspring初のPalm携帯「Treo」は2002年発売。高解像度のカラーディスプレイ、スレッド式のテキストメッセージング、マルチメディア再生、ホームブリューアプリ(NESエミュレーターや、史上最悪のモバイルブラウザと呼ぶ人もいるBlazerなど)を主な機能として搭載、スマートフォン利用者の間で大流行となります。

2003年PalmはHandspringを買収し、初のPalmブランドのTreo、600を発売します。 Palmは相変わらず、フロントにQWERTY配列のキーボードを搭載し、SDカード専用スロット、カメラのついた携帯を作り続けます。(面白いのはPalm CEOのEd Colliganです。創業を手伝ったPalmを辞め、Handspringを創業したのに、2003年Handspringが買収されてPalmに舞い戻ったんですよね)。2007年発売の「Palm Centro」はGarnet OS (v5.4.9)搭載の最後のPalm端末となりました。が、その頃にはソフトもハードも老朽化の兆しが見られ、新たなOSとインダストリアルデザインが急務となったのです。

Palm OS II発表

2007年5月、Palmは今後の携帯向けに全く新しい、LinuxベースのOSを開発中だと発表しました。仮称は「Palm OS II」。その他の詳細の発表はなし。

2007年夏から2008年秋にかけてPalmの株価が下落する中、Palm OS IIの話は絶えず後退・遅延・無視されてきました。OSが市場に出る前に会社が崩壊するんじゃないのか、という人も多かった時期です。

Nova

2008 年秋、Palm OS IIの噂が浮上。プラットフォームのコードネームは"Nova"。Later news confirmed it would be revealed at CES 2008. Still, many remained skeptical as to how much of Nova Palm would show, if anything at all.

Shortly before CES, rumors started popping up about a Palm phone which would accompany the Nova OS. The phone was said to be a squarish, touchscreen device with a slide-out keyboard.

CESにて初公開

2009年1月8日、Palmはラスベガスで開かれたCESでPreスマートフォンとWebOSプラットフォームを発表し、大きな反響を呼びます。新製品で強調された2つのポイント、それはマルチタッチ機能とウェブとのシームレスな統合です。

090528palm001 090528palm002 090528palm003 090528palm004 090528palm005 090528palm006 090528palm007 090528palm008 090528palm009 090528palm010 090528palm011 090528palm012 090528palm013 090528palm014 090528palm015 090528palm016 090528palm017 090528palm018 090528palm019 090528palm020 090528palm021 090528palm022 090528palm023 090528palm024 090528palm025 090528palm026 090528palm027 090528palm028 090528palm029 090528palm030

さーて、発売まであとわずか!

Adrian Covert(原文/訳:satomi)

4756147461
Palm Magazine Vol.25 永久保存版 (アスキームック) (大型本)


【関連記事】

Palm Treo 680:赤いモノが大好きなガジェット女子のために

PalmPS2が現れた今、いったい誰がPSPを欲しがるというのでしょう?

Palmのスマートフォン「Centro 2」が今秋発売か?

Palm Preがすごい(初見&動画&レビュー&株&価格予想)

ケビン・ローズのiPhone 3.0予想「コピペ実装、Palm Pre並みに機能拡充」