メロンが食べられなくなる!? 山形から悲鳴

メロンが食べられなくなる!? 山形から悲鳴 1
photo by austinevan

今年はメロンが簡単に食べられなくなるかも。

山形県といえば、さくらんぼをはじめとする果実の生産で有名ですが、そんな山形が危機に瀕しています。今年はメロンの受粉に必要なミツバチが70万匹足りないんです

そもそも問題は2007年11月。それまで頼っていたミツバチの輸入が検疫の問題で制限されたことに始まります。農家の方々はそれぞれのミツバチを共有したり、人手を増やして人工授粉を行うなど、さまざまな手を尽しましたが、それでもやっぱり足りないらしいです。

農林水産省によると、山形だけでなく全国でも最大1500万匹不足しているとか。

今回の豚インフルエンザの影響はどうなんでしょうかね。これで更に輸入が制限されたら本格的にメロンが食べれなくなってしまいます

花粉交配用ミツバチの不足問題について[農林水産省]

(遠藤充)

ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 (新特産シリーズ) (単行本(ソフトカバー))
ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 (新特産シリーズ) (単行本(ソフトカバー))

メロンが食べられなくなる!? 山形から悲鳴 2

【関連記事】

[Giz Explains]バッテリーの抱える問題

超巨大な橋の建築によってパレスチナ・イスラエル問題を解決できないか、という提案

寮や共同生活の冷蔵庫問題をこれで解決!

YouTube買収の最大の問題点を、戦うコメディアンが突く

ソニーの抱える問題点を写真1枚で表す