@マークの本来の意味とは?

@マークの本来の意味とは? 1

毎日使う、あの「@」。

日本語では「アットマーク」、英語では「アットサイン」、イタリア語は「かたつむり」、スペイン語は「アロバ」、スラブ語は「猿」ですが、「@」って元々どういう意味だったんでしょうね? 473年前。

記録に残ってるもので「@」の使用が最初に確認されたのは、1536年5月4日フィレンツェの商人フランチェスコ・ラピ(Francesco Lapi)がスペインのセビリア滞在中に書いた手紙の中=写真=です。後ろにドメインネームは続きませんけどね。

ラピはスペイン発ローマ行きの船3艇に積んだ“amphora”を表す言葉としてこれを使用しました。amphoraは当時商いの単位として使われていたものです。書簡にはこう書かれてますよ。

  

あれにはワイン1 amphoraを積んだ。これは1バレルの13分の1、金額にして70か80ドゥカート(ダカット)に相当する。

スペイン語で「amphora」は「アロバ(arroba)」という単位です。なのでスペイン語では今も「@」記号を「アロバ」と呼んでるんですねー。

@マークは後にタイプライターのキーに残り、ずっと何世紀も使われてきました。会計では「at the price of(~という単価で)」という用例が浸透しています。

時は変わって1971年。メール受信者名にメールサーバーのホスト名を付与する際にコレ使ったら便利そうだな~と目を付けたのが、レイ・トムリンソン(Ray Tomlinson)です。:

私は、アットマークとホストネームをユーザーの(ログイン)ネームに付与することにした。何故アットマークを選んだか理由をよくきかれるんだけども、アットマークは単に考えなくて済むからね。アットマークは(英語)で単価をあらわす言葉(例:「10 items @ $1.95/単価1.95ドルで10個)」)だ。このアットマークを使ってユーザーがローカルじゃなく、どっか他のホスト「に(at)」いることを示したらどうだろうと考えたんだ。

あとのことは周知の通りですね。みなさんはどうか分かりませんけど、僕、これからメールアドレス伝えるときは必ず、「jesus amphora gizmodo dot com」と言うことにします。この方がかっこいい響きだし。いや、もっといいのは「jesus monkey gizmodo dot com」かな。うん。

[NYT Blog]関連:@記号(アットマーク)の様々な名称

Jesus Diaz(原文/訳:satomi)

【関連記事】

発掘から始めるパピルス栽培キット:「吉村教授とパピルスの謎」

レゴ、75歳の誕生日を迎える

世界で愛され続けるMini&MINIが50歳になりました【写真編】

オタクと髭の歴史

【型番モード】ニコン一眼レフカメラ&デジカメ、型番の歴史