ポータブルカーナビにウイルスが混入!?

ポータブルカーナビにウイルスが混入!? 1

クラリオンは、同社が発売するポータブルカーナビゲーションデバイスウイルスが混入している可能性があると発表しました。

ウイルスは「USBオートランウイルス」と定義されているワーム。対象となるのはDTR-P7DT/75DTDTR-P50/55の4機種の一部生産ロットです。

カーナビ単体で使用している場合は特に問題ありませんが、WindowsマシンとUSB接続をするか、対象製品で使用したSDカードをパソコンに使用した場合に、パソコンに感染する可能性があるとしています。

ニュースリリースには、該当する製品の識別方法やウイルスの駆除方法などが掲載されていますので、自分のカーナビがドンピシャリで、気が気じゃないっていう人はぜひ見ておいてください。

ニュースリリース[via インターネットWatch

(三浦一紀)

B001F50LBC B001F50L8K B001F50L6W

Kaspersky Internet Security 2009 優待版 (Amazon.co.jp購入者対象:その場で1,000円割引き)

Norton AntiVirus 2009

ウイルスバスター2009 1年版

【関連記事】

有名ウイルス対策ソフト で アプリ起動速度 の ガチンコ勝負 をしてみた(動画あり)

[PR] カスペルスキー予測、09年ウイルス被害は拡大!

レビュー : ウイルスや花粉を抑制する空間清浄機「eneloop air fresher」

ウィルス汚染されたMac、DDoS攻撃を開始する

Confickerワーム、さらに状況悪化