秘密はゾウの糞! ケニアの野生ライオンを超迫力の至近距離で激写しちゃいました...

2009.05.19 18:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
090518z.jpg


ゾウの糞デジカメこそ、プロカメラマン必携のツールなんだそうです...

アフリカの野生動物の写真家として、世界的に有名になった、インド生まれのアヌップさん&マノッジさん兄弟コンビ。このほど、ケニア南部に広がるマサイマラ動物保護区内で育った、野生のアフリカライオン親子の様子を、かつてないド迫力で撮り続けた激レア写真集の公開プランについて語ってくれましたよ。

う~ん、この百獣の王の家族写真って、どうやって撮影できたんですかねぇ? その秘密に迫るインタビューと、さらなるベストショットを数枚、続きに載せておきましたので、どうぞチェックしてみてくださいね。
 

090518x.jpg


いやはや、こんなに至近距離から野生のライオンを撮影するなんて、本当に夢のまた夢...。っていうか、当たり前なんですけど、こんなのノコノコとカメラを構えて近づいて撮ったら、もうその瞬間に襲われちゃって即死でしょうね。

「実はですねぇ、ぼくらは、ここでライオンたちの生活を、10年以上ずっと観察し続けてきたんですよ。そして気づいたことなんですけど、どうやらライオンというのは、さすがは他のだれにも邪魔されない存在だからなのか、もうわりと決まった生息パターンで毎日を過ごしてるんですよね。どこで水を飲み、どこで昼寝をするかとか、特に危険を感じて変えていく必要もないんでしょうかね...。だから、その生活リズムさえつかんじゃえば、あとはカメラを仕かけるだけでしてね」

そう笑って話す、アヌップさん&マノッジさんの仲良しコンビは、今回の秘策がゾウの糞にあったことを明かしてくれましたよ。どういうわけかライオンが寄ってくるなんていわれてる、野生のゾウの糞を大量に採集し、そこへ上手に赤外線センサーを内蔵したデジタルカメラを忍ばせつつ、あらかじめキャッチしておいた、わりとライオンが好んで立ち寄りそうな場所にセットしておくだけなんだそうです。


090518y.jpg


いやいやぁ、もうスゴい迫力ですね! ちなみにどうせ仕かけるのは、決してキレイとは呼べないゾウの糞の中なので、お二人いわく、そんなに高級なデジカメは使ってないんだとか。わりともうどうなってもいいような安いデジカメでも、タイミングさえ取れれば、被写体に文句なしですから、かなり良い写真が十分に撮れちゃうんだそうです。なるほど~、いくら高いデジカメとか用意してても、結局のところ写真の出来栄えって、いかにして何を撮るかに依存してることが大きそうですもんね。

「このライオンの子どもたちを撮影するのは、昨年7月の生後3カ月の時点からなんですけど、写真に写る姿を追っているだけでも、ともに成長の記録を残せてるみたいで、なんかとってもうれしいんですよね。このまま年内いっぱいくらいは、もうちょっと大きくなるまで撮り続けたいなって考えてますよ」

ケニアでゾウの糞と格闘しつつ、究極のライオン親子のベストショット撮影の挑戦を続けるアヌップさん&マノッジさん。無事に撮り収めた写真の中から、傑作選をチョイスして、「The Lions Of Mara」というタイトルのレア写真集を、2011年までにリリースすることが決定したんだそうです。

そうかぁ、道端のウ○コも、本当に使いようなんだなぁ。ちと我が愛しのマイカメラを潜ませて、驚愕の迫力ショットでも撮ってみるか...なんてチャレンジャーなあなた、ぜひぜひ傑作フォトが撮れちゃったら、ギズ編集部までお知らせくださいね。あっ、でも、ヤラしいのとかはダメですよん。


[Daily Mail]

Jesus Diaz(原文/湯木進悟)


B001TN8EV4
NHKスペシャル 悲しき雄ライオン~王交代劇 9年の記録~ [DVD]




【関連記事】
百獣王ゴライオンのシューズ、リーボックから発売
ロスの博物館に現れた迫真のディノザウルス(動画)
レビュー:Uncle Milton社のペット目線カメラ「Pet's Eye View cam」
迫力ありすぎ!? 電動式のレゴ恐竜(動画あり)
もはや迫力の限界を超えた新作『ターミネーター4』(動画あり)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加