ドコモの2009年夏モデル発表会に行ってきました

090519doandroid.JPG

Androidを手にする山田社長です。

ソフトバンクの発表会後に、ドコモの新製品発表会がありました。18機種56色。ソフトバンクと僅差ですね。

今回の目玉はなんといってもAndroidと、SH-06A NERVことヱヴァンゲリヲンケータイ。両機種にはたくさんの人だかりが出来ていました。

2009年夏モデルの特徴は 1.電池残量表示の細分化(3→5段階に) 2.機種変更時の設定引き継ぎ(外部メモリを使用) 3.音声入力メール 4.iモードブラウザの機能拡充が上げられますね。

iモードブラウザの機能拡充は嬉しい点が多いですね。ページサイズの制限が500KBになり、ページ内のFLV動画に対応。そしてJavaScript対応と、リッチコンテンツが続々増えていきそうな仕様です。

新機種の写真ギャラリーは続きからどうぞ!

 

N-09A

090519N09a.JPG

090519N09a2 090519N09a3

SMARTシリーズのN-09Aは、8.1メガピクセルカメラを搭載しています。革をイメージしたものや木目、金属などデザインもこだわっていますね。また、音声入力メールに対応しています。

SH-06A

090519sh06a.JPG

090519sh06a2 090519sh06a3

L-06A

0905119l06a.JPG

Googleサービスキーを搭載したL-06Aです。gボタンを押すと、この写真のメニューが現れ各種Googleのサービスへ接続できます。

T-01A

090519t01a.JPG

090519t01a2 090519t01a3 090519t01a4 090519t01a5

T-01Aは4.1インチワイドVGA液晶を搭載したWindows Mobile6.1機です。動作周波数1GHzのCPUを載せており、既存のWM端末よりサクサク動作していました。

090519and1.JPG

090519and2 090519and3 090519and4

目玉だった「Android」です。型番はHT-03A。コピーは「ケータイするGoogle」。液晶は3.2インチハーフVGA。カメラに320万画素CMOSを。携帯端末には珍しいトラックボールを搭載しているのも見逃せません。

この機会に、前々から気になっていたAndroidでのストリートビューを試してみました。地軸センサーにより、Androidを向けた方向に合わせてストビューが表示されるというものですが、見慣れてるはずのストビューが地軸センサーにより新感覚を提供してくれます。iPhoneのマップとは違い新鮮でしたよ。

SH-06A NERV

090519nerv.JPG

090519nerv2 090519nerv3 090519nerv4 090519nerv5 090519nerv6

目玉の目玉。ヱヴァケータイことSH-06A NERVです。「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」の劇中にも登場するこのケータイですが、それと同じデザインをしています。内蔵コンテンツは貞本義行氏の作画素材をふんだんに使った作り。3万台限定で6〜7月に発売予定です。

NTTドコモ

(大野恭希)

【関連記事】

ソフトバンク夏の新製品発表会に行ってきました~その1

ソフトバンク 2009年夏モデル発表

ドコモからエヴァ携帯登場!

ソフトバンクとレノボ、3Gモデム内蔵ネットブック「IdeaPad S10」発表

ドコモ、Android(アンドロイド)携帯を6月に発表