ベンチマーク結果以上にWindows 7が軽いと感じる理由

    ベンチマーク結果以上にWindows 7が軽いと感じる理由 1

    VISTAに比べてWindows 7は軽い!」って、多くの人は言うけれどその理由はなんでしょうねー。

    windows 7とVSTAのベンチマークテストは、先日テストして結果を報告してたけど、ベンチマークテストの結果以上に「7は軽い」と言ってる人が多いよね。

    Windows 7の開発チームがその秘密の一端を語っているよ。

     Windows 7の開発チームはデスクトップ操作の軽さを改善することにも注力した。従来のデスクトップのグラフィック処理などを受け持つ部分のGDI(Graphics Device Interface)は、排他的な処理をしていた。GDIアプリAが処理が終わるのを待って、GDIアプリBの処理をするという具合にね。

    ベンチマーク結果以上にWindows 7が軽いと感じる理由 2

    それで、あの妙ちきりんなVISTAのインターフェースと相まって、もっさり感を演出していてくれてたってわけさ。

    新しい、Windows 7では、その部分を改善するために、GDIの処理は細かく分割されて、あたかも並列化されて処理されるように再設計された。GDIアプリAの処理を待たずとも、GDIアプリBを走らせることができるようになった。

    ベンチマーク結果以上にWindows 7が軽いと感じる理由 3

    ボトルネックが少なくなったので、以前よりきびきびと動くと感じられるようになったのさ。

    これで、マルチコアプロセッサーの本当のメリットを生かすことができるようになったし、より少ないメモリーでも快適に動作させることができる。

    これらは、windows 7を使ってみた経験がある人なら、誰でも体感できると思うよ。負荷をかけるようなベンチマークテストではなかなか表には出てこないけどねー。

    RC版の一般向けのダウンロードも始まってるので、興味ある人は試してみるのもいいかもねー。

    [Engineering Windows 7]

    matt buchanan(原文/聖幸)

    【関連記事】

    「Windows 7」の正式発売は9月と判明!

    Windows 7 RC1 VS VISTAベンチマーク対決

    Windows 7インストールから設定・活用までの簡単ステップ

    ネットブック用に最適化されたWindows 7開発中

    Windows 7はWindowsの主要機能が全部消せる