横になってゲームしたり読書したりで、1日160ドル! のアルバイトをNASAが募集中

横になってゲームしたり読書したりで、1日160ドル! のアルバイトをNASAが募集中 1

ベッドの上でゴロゴロしてるだけで、1日160ドル(約1万6000円)とは何ともうますぎる話ですよねー。

これは、NASAが微重力状態が人体に与える影響を調査するために行われるもの。「それじゃ普段の生活と変わらないよ!」と、思う方もいるかもしれないけど、これが結構大変みたいなんです。

トイレに行くときも、食事するときもベッドの上ですからねー。筋肉は衰弱するし、副作用で頭痛、歯痛、鼻水のつまりなどが出てくるみたいです。普段は重力の作用で、血流などもうまくいくようになってるでしょうから、それが、ずっと横になったままだと当然副作用もあるでしょうね。

というか、その副作用を調べるための、実験だけどねー。僕もNASAのこのバイトとGizmodoの仕事の二股をかけてやろうかなと思ったけど、副作用を考えるとちょっと躊躇しちゃうね。

「我こそは!」と、科学の発展のために身を粉にして尽くしたいという人がいるなら僕は止めないよ。

一日中横になっていたい日に「今日、バイト入りまーす!」とか、週に1回位選べればいいんだけどね。でも、それじゃ影響をはかる実験にはならないだろうしねー。

[PopSci]

Sean Fallon(原文/聖幸)

4879856061
高額悪(アル)バイトで生き抜こう! (単行本)


【関連記事】

NASA、宇宙起源の奥底から謎の轟音探知

月の石を、盗る ―NASAインターン月の石窃盗事件

迷子のゴムのアヒルちゃんを探して! NASAからのお願い

NASAが無料で、みんなを月へご招待しています!?

NASA宇宙探査機メッセンジャーから届いた水星初の全球写真